1. ホーム
  2. コラム
  3. ゲームプログラマーに就職したい! 最終面接必勝法

コラム

ゲームプログラマーに就職したい! 最終面接必勝法

ソーシャルゲームを開発する企業が年々増加してきた事で、それに比例しゲームプログラマーの需要も伸びてきている昨今のゲーム業界。学生時代にプログラミング言語を学んできた方、プライベートで独自にアプリゲームを手掛けてきた人にはうってつけの職業ですが、単純に「ゲームが好き」「プログラムを組めるからやってみたい」では選考を通過する事は叶いません。今回の記事ではゲームプログラマー志望者向けに、最終選考の突破法を解説していきましょう。





最終面接で見られるポイント




ゲーム系企業の面接は他の企業と同じように一次・二次・最終と段階が分けられており、“人事担当者”“現場の人間”“経営陣”という立場によって評価されるポイントは異なります。
書類選考が通過し、まず最初に待ち受けているのが企業の人事担当者と行う一次面接。中小企業やベンチャーだと人事では無く社長が一次面接を受け持つ事が多いですね。



さて、この一次面接では企業の採用担当者が相手なわけですが、一次の時点ではゲーム会社の特色を感じない“セオリー通り”の質疑応答が繰り広げられます。
業界研究で明らかになる事ですが、ゲーム業界は仕事の性質や働き方が他の仕事に比べて特殊寄りなので、逆に一次面接の雰囲気に対して妙なギャップを感じるかもしれませんね。
また、人事担当者はゲームに関わる企業に属しているといっても開発に携わっているわけではないので、質問の内容は一般の面接と変わらないでしょう。
「なぜこの業界(企業)を選んだか?」という志望動機のチェックや、応募者のスキルや経験について掘り下げが主ですね。それだけでなく社会人には欠かせないビジネスマナーの有無を服装や所作(言葉遣いや身振り手振り)で見定めます。
なのでゲームクリエイターだからといって油断せず、マナーに反した行いを取らないよう心掛けましょう。



次に二次面接ですが、ここでは実際に現場で開発を受け持つゲームクリエイターが面接官となり、就活生の適性や意欲を現場視点で判断します。
ゲームクリエイターが面接を受け持つ場合、就活生が志望する部署の人間が対応することがほとんど。プログラマー志望ならプログラマー、デザイナー志望ならデザイナーがという感じですね。
ただ彼らは人事担当者のように“人を見るプロ”では無いので面接に慣れていないタイプも含まれます。服装もスーツではなくポロシャツなど普段着で行う事もよくあるので驚かないようにしましょう。
面接に特化しているわけではないので、質問の仕方や時間のかけ方が若干拙く思えるかもしれませんが、専門職らしく就活生のスキルはもちろん、これまでの開発やプログラミング経験、更に今後どう活躍していきたいかを情報に漏れが無いよう入念に探ってきます。





そして最後に待ち受けるのが企業の経営者や希望部署の責任者を交えた最終面接(役員面接)。
ここを突破出来ればゲーム会社の内定をゲットし、無事にゲームクリエイターデビューを果たす事が出来るわけです。
ただこの機会は今までと違って、企業の舵取りをする経営者ならではの視点でチェックする事になります。ゲームはコンシューマにソーシャルゲーム、ブラウザゲームに遊技機など種類は様々ですが、ヒットすれば一つのタイトルでも数億~数十億という莫大な利益をもたらす事が出来ます。特にソーシャルゲームでは開発コストは掛かるものの基本プレイは無料なのがほとんど。そのため“リリース後に如何に課金に繋げるか”がサービスと会社存続のカギになるのです。
そのため「ゲームが好き」という気持ちも大切ですが、その好きなコンテンツを伸ばすために具体的に自分がどう貢献していくのかを知り、働く事への意欲とクリエイターとしてのポテンシャルを推し量ってきます。
今までの選考と同じようにビジネスマナーを徹底させるのは当然ですが、「志望する企業の事をどこまで理解・共感出来ているか」「自分がどんなクリエイターになりたいか」が最終面接で見られるでしょう。



面接担当者が語る「不合格になる人」とは?




他の仕事のようにゲーム系企業の面接では身だしなみを整えて臨む事が、選考を突破する上で肝心。しかし、面接を実際に担当した人からは「見た目はしっかりしていても“ゲームに関われるならどこでもいい”という人はアウト」という声がよく挙がりますね。
ゲーム企業にもそれぞれ特徴・強みがあり、特定のジャンルでシェアを独占している企業。ソフトのみならずハードの開発も定評のある企業。まだ誕生して間もないけれどヒット作品を多く輩出している企業など。それぞれの差別化がしっかり出来ていないと相手に「この子はどこでも良いんだな」と思わせてしまうことでしょう。



また、ゲーム開発は単純に「ゲームが好き」という気持ちだけではやっていけないシビアな仕事。クセのあるクリエイター達とチームを組み、ゲームを完成させるため円滑にやり取りをしなければなりませんし、のしかかる作業量次第では残業が常態化して徹夜で心身に掛かるダメージも馬鹿に出来ません。それに裁量労働制を取り入れている企業ならば残業代は給料に加算されないツラさも、ゲームクリエイターには待ち受けているのです。
そんな過酷な状況に身を置いている人は往々にして「ゲームが好きという気持ちだけでは続かない」と話します。現に「ゲーム作りは未経験だし興味も薄いけどゲームが好き」というだけで業界に入ったタイプの離職率は低くありません。ゲームの華やかなイメージに囚われてしまい、入社後の業界のギャップに堪えられない人が多いのです。
それに当たり前の事を言いますが、ゲーム業界に志望する人のほとんどがゲーム好き。ただゲームのみに熱意を抱くだけでは、他の就活生の姿に埋没してしまうでしょう。





そして、最終面接では社長や役員の他にも希望する職種を管轄する責任者(キャリア豊富なメインプログラマーやゲームプロデューサーなど)もいるわけですが、就活を失敗する人は良い印象を与えたいと躍起になり、逆質問を社長や役員ばかりに向ける点が見受けられます。
逆質問とは、最終面接の最後で就活生が企業側に事業展開や今後の方針に社内の雰囲気など、HPや説明会では知る事の出来ない情報を質問出来る絶好の機会。
より企業の内部に迫った内容をぶつければ、就活生の意欲的な姿勢をダメ押しで訴えかける事が出来るのです。



ただ、本気でゲームクリエイターとして活躍していきたいと考えるならば、経営の手綱を握っている立場よりもまずは開発に大きく関わっている人間に質問を投げかけるべき。
実際に開発の最前線に立っている人間からの貴重な意見を聞く事は、今後働く上でのマインド変化に繋がります。
そんな事に気付かず開発陣よりも社長や役員ばかりに意識を向けるのは、相手に「本当に自社で活躍する気があるのか?」という気持ちにさせてしまうだけでしょう。
その場にいる開発責任者というのは将来的に自分の上司になる人物かもしれないので、最終面接に向かう前に「どんな人物にどんな内容を聞くべきか」を再度見直しておきましょう。



まとめ




いかがでしたか? 毎年ゲーム業界にエントリーする就活生の数は膨大であり、誰もがゲームに対して並々ならぬ気持ちを抱いているわけですが、一次から最終面接で異なる評価ポイントを理解していないと、ゲームプログラマーへの狭き門は突破出来ないでしょう。
また、最終面接でお馴染みの逆質問では好印象を植え付ける事が狙えますが、“聞くべき対象”を見誤ると思わぬ結果を招く危険性があるので注意しましょうね。

この記事をシェアする
  • Twitter
  • facebook
  • はてぶ
  • LINE
一覧ページに戻る