1. ホーム
  2. コラム
  3. オタクも要必見!就活にふさわしい服装とは(選考編)

コラム

オタクも要必見!就活にふさわしい服装とは(選考編)

就職活動の注意すべき点のひとつとして、インターンシップと選考に着ていく服装が多くの就活生を困らせます。企業の指定があり、条件を満たしている場合であれば問題はありませんが、服装自由や選考にふさわしい服装などは新卒の就活では特に悩むことでしょう。今回は選考に臨むためのふさわしい服装についてご紹介いたします。





基本をおさえる!選考にふさわしい服装とは




選考にふさわしい装いの基本として、企業からこれといった指定がない限り、リクルートスーツが絶対安心できます。しかしスーツをただ着るだけで満足してはいけません。着こなし方はその人の個性や性格が表れるもの。ここではスーツの着こなし方についてご紹介いたします。



男性の場合

まずはシャツの袖部分がジャケットから1cm程度出るのが一番の理想です。また、ネクタイの長さはネクタイの先部分がベルトにかかるぐらいが理想とされています。そして、ポケットのペラペラとした蓋のような部分を「フラップ」と言いますが、フラップの出し入れもマナーがあり、本来フラップは外からの埃やゴミからポケットを守るためのもの。屋外ではフラップを出し、屋内では中に入れるのが基本的です。



また、男性の場合ボタンの留め方が一番の悩みどころではないでしょうか。リクルートスーツの元となった服は通常ボタンが一つのみでした。その考え方から一番下のボタンは単なる「飾り」として着いているという考えが強いです。そのため、スーツのボタンの数は二つが基本ですが、その内一番上のボタンのみを留め、一番下のボタンは留めません。他にも、ジャケットのポケットにはなるべく物を入れず、入れる場合はできるだけ軽くて薄いものにしましょう。ポケットに入れた物が大きかったり重かったりした場合、それだけでスーツの型崩れが目立ってしまいます。



女性の場合

女性の場合は機能性と共に見た目の美しさが大切で、自分のサイズにあったスーツ選びが重要です。女性の場合はボタンを全て留めるのが原則。ボタンを全部留める際に、胸部周辺が締め付けられていないか、変なシワが寄っていないか、胴体回りはウェストラインが適度に見えるようにしましょう。男性のシャツと違い、ブラウスなどは袖から出ないように着るのが基本です。また、スカートの場合は膝丈を基準に、立っているときは膝に掛かるくらい、座っているときは膝上までの長さにするのが理想です。パンツの場合はパンプスのヒールが少し隠れる程度が良いです。



男女の大きな違いとしてはネクタイの有無やインナーの長さだけです。その他は自分の体にフィットさせるサイズを選択し、清潔感を保ちながらスーツを着ると良いです。また、予算に余裕があればスーツを二着以上持っていると非常に便利です。絶対に二着必要とする場面は少ないですが、数カ月に及ぶ可能性のある就活は、急な悪天候やハプニングで汚れてしまうこともあります。クリーニングに出す時間がない場合を考えると二着以上あった方が便利と言えます。



選考でも服装自由!オタクファッションはOK?




選考でも服装自由!と言う企業も年々増えていますよね。意外にもスーツの指定がない方が何を着て行けばいいのか分からず困ることが多いです。服装自由=なんでも良いという考えから、自分が普段着ているラフな服装を選んでしまいがちですが、組み合わせなどによっては悪印象を与えかねません。基本的には選考における「服装自由」もリクルートスーツが定番でしょう。もちろんアパレルやベンチャー企業など、業界や職種によって志望者の個性を見抜くために服装自由をあえて指定する場合があるため、自分が志望する業界について理解を深めた上で、服装選びをすると良いでしょう。



会社の雰囲気を知っていながらも私服でいく場合はオフィスカジュアルが無難です。その他「もう服装を考える時間はない」、「服選びどうしても迷う」という場合はスーツが一番無難と言えます。スーツで臨む就活生がほとんどですし、スーツで来た就活生は絶対にマイナスになりません。



私服が指定された時に気をつけたいこと




スーツや服装自由ではなく、「私服できてください」と言われた場合が最難関です。私服にはその人の個性が出るもので、且つ周りがどんな服装で来るのかも分からないのでは「当日自分だけ浮いたらどうしよう」と不安になります。企業によっては「普段着でお越しください」と言うことも。そこまで言われてしまったらTシャツにジーンズだったり、サンダルや短パンなど選択肢があまりにも多いです。しかし、普段着を指定されたからと言うものの今から臨む場所は社会、ビジネスの場です。カジュアルすぎるデニムや帽子、過度な露出の服装は絶対にNGです。私服指定をされた場合も、上記にて触れたオフィスカジュアルが最適解でしょう。夏であればポロシャツに長ズボンというシンプルな組み合わせで良いです。色はベーシックカラーを出来るだけ選びます。オフィスカジュアルの詳しい内容は「インターンシップ編」でご紹介しているため、そちらも併せて参考にしてみてくださいね。



そして、これは稀にあることですが「スーツもオフィスカジュアルでもない。本当に普段着のままで来てください」と指定をする企業も中には存在します。この場合はなにも考えず普段外出する時の服装で構いません。ここまで指定されたら服装で減点されるような心配は一切無用。服装で自分の個性をアピールをするのもありですし、逆に服装以外のところに注力してみても良いでしょう。



まとめ




「就職活動の9割は見た目で決まる」なんて言葉をしばしば耳にしますが、それほどまでに服装選びが重要だということを知っていただけたら幸いです。今回は選考をテーマに服装選びや着こなし方をご紹介しましたが、他にもインターンシップ向けの服装についてご紹介している記事もあるため、併せて読むことでより服装選びが捗ることだと思います。ぜひ自分の個性やビジネスマナーに配慮した着こなし方をマスターして就職活動を成功させてくださいね。

この記事のタグ
この記事をシェアする
  • Twitter
  • facebook
  • はてぶ
  • LINE
一覧ページに戻る