1. ホーム
  2. コラム
  3. 【意外と知らない! オタク就活生にとってESの“自由記述欄”は武器になる! 】

コラム

【意外と知らない! オタク就活生にとってESの“自由記述欄”は武器になる! 】

インターンや就活でESを書く機会があるかと思います。企業側はESの中から様々な情報を読み取り選考する訳ですが、今回はその中でも“自由記述欄”について考えていきます。志望動機や長所・短所など縛られた項目が多い中で、突然自由と言われると何だか困ってしまいますよね。実は沢山の就活生が「自由記述欄には何を書いたらいいのだろう?」と頭を抱えていますが、オタク就活生にとっては“オタク”という武器を活かすチャンスになるのです! この記事を読み、ぜひ武器を存分に活かしましょう!





ESに“自由記述欄”が設けられる理由とは?





ESの中でも特に頭を悩ませる項目が自由記述欄だと思います。「何を書いたらいいのか分からない」「自由と言ってもどこまで自由なの? 」沢山の疑問や不安が出てくることでしょう。そもそも、なぜ企業側は自由記述欄を設けるのでしょうか? その理由を考える事で、何を書くべきなのかを考えていきましょう。



熱量


ただでさえ悩んで大変なESなのに「なんで更に苦しめるのだろう? 面倒くさいな。」そんな風に思ったことはありませんか? まさにそこです。面倒だという理由や書く事が思いつかないという理由で諦める様な人は、そもそも求められていないということなのです。採用する企業側も多くの時間と労力を必要とします。少しでも効率のいい採用活動にしたいというのが本音でしょう。効率のいい採用をする為にも、あえてより悩む項目を入れ熱量を計っているのです。



個性


何の縛りもない状態で「自由に書いて下さい! 」と言われると選択肢は無限にあって困ってしまうものです。そこで個性が存分に発揮されます。文章だけの構成なのか、イラストなどが入っているのか、中身のある内容なのか、インパクトだけなのか、これら全てが個性です。個性とは奇抜な物だけを指す訳ではなく、考えに考え抜いて、結局よくある無難な内容にするのもその人の個性なのです。その人特有の性質や性格を企業側は見ています。



押さえておきたい自由記述欄の書き方とポイント





上記では熱量や個性を見ているとお話しましたが、だからと言って自由記述欄は本当に何でもいい訳ではありません。まったく何の関係もない事を書いても、評価には繋がらないのです。あくまでも企業側は自社にマッチするのかで判断するでしょう。
まず大前提として企業が求める人物像を考え、そこに照らし合わせて自分をアピールする必要があります。志望動機などを考える際にも企業研究は行っているかと思いますので、評価されるものをアピールしましょう。例えば、可能かどうかは置いておき「将来はこんなビジネスにも繋げていきたいと思います」とビジネスアイデアを書くことで発想力をアピール出来ます。また入社後のキャリアを具体的に書けば、より真剣さや戦力になることをアピール出来るでしょう。
次に人事が思わず読んでしまうようにするのがポイントになります。見てもらえなければ、伝えることも出来ません。では、どの様に書いたらいいのかをご紹介していきましょう。見てもらう為には目を惹くような見た目にすることです。読み手のことを考え、イラストや図面・色を付けるなど見やすさを工夫しましょう。色を付けると言っても蛍光色など、目がチカチカする物は逆に見づらくなってしまいます。またカラフルにすればいい訳でもありません。あくまでも読み手のことを考えて、協調したい所の色を変える程度がいいでしょう。
但し企業によっては黒字指定やイラスト禁止など、決まりを設けている場合があります。必ず確認をしてルールに従って書きましょう。黒字指定の場合は、アピールしたい部分を太く書くなどして見やすさを工夫すると良いでしょう。



オタクとしての個性を活かそう!





さて本題です。美容オタク・アニメオタク・ゲームオタク・野球オタク、種類は様々ですがオタクというのは、要は自分の好きなことに対して他の人よりも熱中している人を指していると思います。自分の好きをしっかりと分かっていて、尚且つ極める力は就活の場面でも活かすしかないですよね。いや、活かすべきですよね。ではオタクであることを自由記述欄で活かすためにはどうしたらよいのか、オタクの強みを考えていきましょう。



追求心


一番の強みはなんと言っても1つの事をとことん追求できる、追求心です。ゲームオタクなんかは追求するあまり、専門的スキルを持っている人も中にはいると思います。企業側にとって知りたい情報は、何のオタクなのかではなくその分野に強くなった過程です。その過程から、努力したことやその結果そこから何を学んだのか、仕事でどう活かせるのかを伝えることが出来ます。



情報収集能力


オタクの情報収集能力は凄いものがありますよね。情報収集能力をアピールする場合は、例えば企業研究を記入するのもありだと思います。実際に足を運んで情報を集め(行動力もアピール)、集めた情報を自分なりに分析し(分析する能力もアピール)、自分がどう貢献出来るかを伝えることが出来ます。
後は書き方を文だけで伝えるのか、図面やグラフなどを用いるのかで見やすさなども工夫しましょう。



まとめ





ひと昔前まではオタクは引きこもっていて暗いというイメージでしたが、イベントやオフ会など積極的に参加している人も多いのではないでしょうか? 今では「何かを極められるって凄い」「楽しみがあるのはいいことだ」と風向きも変わってきています。まったく趣味や楽しみがない人よりも、オタク就活生にはアピール出来る強みがあるのです。その誇れる武器を自由記入欄でしっかりと活かし、就活を乗り越えましょう!

この記事のタグ
この記事をシェアする
  • Twitter
  • facebook
  • はてぶ
  • LINE
一覧ページに戻る