1. ホーム
  2. コラム
  3. オタクが就活面接で「学生時代に力を入れたこと」を伝えるための解説

コラム

オタクが就活面接で「学生時代に力を入れたこと」を伝えるための解説

就職活動で志望動機や自己PRと同じほど、質問内容として採用されているのが「学生時代に力を入れたこと」です。しかし、部活動・サークル、アルバイトなどのネタでもどのように答えていくか悩みますよね。ましてや学生時代を自分の大好きな趣味に時間を注ぐ、所謂オタク活動に力を入れた学生の方にとっては更に難しい質問となることでしょう。今回はそんなオタク就活生に向けた学生時代に力を入れたことについての解説をいたします。



目次

  • 「学生時代に力を入れたこと」が聞かれるワケ

  • 鉄板質問にどう立ち向かう?面接官が評価するガクチカとは

  • 「オタク活動に力を入れた」、これってアリ?

  • まとめ



  • 「学生時代に力を入れたこと」が聞かれるワケ





    まず「学生時代に力を入れたこと」(以下:ガクチカ)が、そもそもなぜ聞かれるのかを知る必要があります。多くの企業が聞くということはそれだけ重要な要素になります。しっかりと目的理解をした上で今後のガクチカに力を入れていきましょう。ガクチカを聞かれる主な理由としては、学生時代に努力したその過程から就活生の性格や目標・課題に対する積極性、意欲を見て、それが今後のビジネスで役立つかを見ています。例えば、アルバイトならお客さんに感謝してもらった。ということだけでなく、お客様に感謝してもらうためにどのような工夫をしその結果どうなったか、その結果と経験が今後の社会経験と該当企業にどのように活かされるか、そこまで伝えられると素敵なガクチカとして人事の目を引くことができます。他にもガクチカを通して性格を見ることで「我が社の雰囲気に合うか、適正ある人材か」を見極めています。志望動機や自己PRでは全てが分からない就活生の性格の一部を、ガクチカを通して見るために訊いているということです。



    鉄板質問にどう立ち向かう?面接官が評価するガクチカとは





    よくある質問のひとつとされるガクチカですが、よくある質問だからこそ陥りやすい失敗として「周りよりもすごい実績を残した話じゃないとダメなのか」と勘違いしてしまうことが多いです。しかし、それが裏目に出てしまい、逆に面接官に悪印象を与えかねないガクチカを作ってしまう原因にもなります。まず、逆の立場になって想像してみてください。あなたが面接官で、とある就活生のガクチカを聞きました。その就活生は部活の全国大会で優勝したことをガクチカのネタとして伝えてくれました。全国大会を優勝するほど努力ができる人間はそうそういません。しかし、優勝したという実績そのもののは、果たして社会にどう活きるのでしょうか。大きな結果だけを鼻高々と言われても「そうですか。すごいですね。」で終わってしまいます。全国優勝するに至った経緯、それまで努力したこと、努力の結果得られた優勝という経験が、今後どのように活きるのか。この例から分かるように、企業は誰よりもすごい実績を聞きたいのではなく、誰よりも意欲ありそれを我が社でも発揮できる人間であるかどうかを評価基準にしています。もちろん「意欲の高さ=結果の大きさ」に繋がる場合もあります。だからこそ単なる自慢話にならないように結果の前後にエピソードを盛り込み、面接官に対して熱意を伝える必要があります。



    「オタク活動に力を入れた」、これってアリ?





    さて、上記では「実績の大きさだけがガクチカじゃない!」とお伝えしましたが、それでも周りの就活生や知り合いは部活動やサークル、またはアルバイトや研究などの成果を書くことが多く、結局みんなが書くようなものじゃないとだめなのかと不安になります。しかし、安心してください。急増中のオタクという人たちにも魅力的なガクチカを書くことも可能です。オタクと言えば、人一倍趣味や自分の好きなことに掛ける時間と熱意が強く、もはや「趣味=生き甲斐」というくらいですよね。そんな熱いオタク活動はぜひガクチカに活かしましょう。例えばゲームが大好きなオタクがいたとして、自分でゲームを作ってみたい就活生ガクチカを書いた場合を想定して、簡単な例文をご紹介いたします。



    例文「私は学生時代、趣味の時間に注力していました。プライベートではゲームをプレイすることが多く、趣味の時間は部屋にこもるような日々を過ごしていました。しかし、社会に出るにあたってこのままではいけないと思い、各ゲームイベントに参加することを目標に様々な人とコミュニケーションを取るよう心掛け、アルバイトをしながらもイベントにいけるようスケジュール管理をする癖をつけるようにしました。その結果、イベントに一緒に行く仲間が出来ただけでなく、人と関ることに親しみを持つことができまし。このような人間関係の構築やコツコツする努力を御社でも活かしていきたいと思っています。」



    以上が簡単な例文ではありますが、このような内容でも、どのように工夫してそれがどう今後に活きるかを説明できています。一見、「コミュニケーションをとることなんて普通じゃないか」と思われるかもしれません。しかし、近年の学生の多くはSNSやインターネットでコミュニケーションや買い物をすることが多くなったために、"人と会うとすれば、仲のいい友達や家族だけ"という状況が多くなりました。その結果、コミュニケーションをを苦手とする学生が多くなり、それが面接やインターンなどの就職活動で大きく影響しています。



    まとめ



    今回は急増中のオタクを例として挙げましたが、他にも趣味もバイトも何もしてこなかった学生時代だったとしても、今からアルバイトや趣味を見つけてみるのもひとつの方法です。重ねるように言いますが「ガクチカは自慢話ではありません。」これを念頭に置いて、自分だけのガクチカを作ってみてくださいね。

この記事のタグ
この記事をシェアする
  • Twitter
  • facebook
  • はてぶ
  • LINE
一覧ページに戻る