1. ホーム
  2. コラム
  3. オタク就活生だからこそ書けるESって何だろう?

コラム

オタク就活生だからこそ書けるESって何だろう?

自己PRや学生時代に力を入れたこと(ガクチカ)などを書き、選考に使う書類としてエントリーシート(ES)があります。ただでさえ自己PRなどを書くにはネタ探しや自己分析に時間が掛かるわけですが、オタク活動に時間を捧げたオタク就活生は更に書く内容に困ることかと思います。今回はオタク就活生だからこそ書けるESについて一緒に考えていきましょう。






人事はESのどんな点を見ているか?





志望者の数だけESの数も増えるわけですが、企業も時間を掛けて志望者全員のESに目を通しています。全ての項目を見ることはもちろんですが、数多くあるES、項目を全て読んでいくに当たって、限られた時間の中で読むわけですから、読みづらい・読むのが怠いESは選考通過が難しくなってしまいます。つまり、文章力が見られているということを忘れてはいけません。質問に対する回答は、結論から先に述べて、その後に結論に至った理由を説明するなど、読み手の頭に情報が入っていきやすい工夫をすると人事の目を引くことができます。他にも読みやすさという点では、文字量は多すぎず少なすぎず記入欄の9割を満たすようなボリュームにしましょう。あまりにも少なすぎると「本当にエントリーする気があるのか」と意欲の点で疑われてしまいます。そして、地味ですが文字を書く丁寧さも用紙に現れ、それは読み手にも伝わります。綺麗に書けなくてもじっくりと時間をかけて丁寧に書くことを心がけましょう。



ESで差がつく項目はなに?





数多くある項目の中で、企業によってその項目が変化しますが、どの企業でも聞いてくる項目と言えば、自己PRやガクチカでしょう。自己PRはその名の通り自分のアピールポイントがどう企業に活かされるかを説明するものです。自己分析から得られた長所・特徴が志望した企業にマッチしているかをアピールすることが大前提です。そして、ガクチカとは「学生時代に力を入れたこと」の略称であり、最近の就活生の間ではよく耳にする言葉ではないでしょうか。これら二つの項目が就活生の多くを悩ませ、実際に重要視されている要素でもあります。特に、今回テーマのひとつとして挙げた、最近急増しているオタク就活生のガクチカの回答が難しいと言われています。プライベートに使う時間とお金を自分自身の趣味や好きなことに掛けていく所謂オタク活動。学生時代をオタク活動として過ごしてきた就活生の間ではガクチカのネタがないために、書くのが難しいとされています。しかし、オタク活動も学生時代に頑張ったこととして挙げられるのもまた事実。オタク活動だからこそ得られる経験を自己PRやガクチカに盛り込むことで周りとの差別化を図り、企業に注目されるようなES作りが可能です。



オタクならではのESを目指そう!





さて、上記にて「オタクならではのES作りをしよう」とお伝えしましたが、問題は"実際にどのようにしてオタク活動をESに盛り込むか"ですよね。まず、企業がガクチカを聞く理由として、過去は変えられないという事実から純粋な熱意や志望者の人柄が読み取れるからです。(もちろん嘘の過去を書くことは絶対にNGです。)そして、努力や熱意と聞くと、部活動やサークルについて熱心に取り組んだ学生にしか書けないものだと思われてしまい、オタク就活生ではネタすらないのでは?と感じてしまうかもしれません。しかし、一度自分のオタク活動を振り返ってみると意外にも経験し、学んだことが見つかるかもしれません。例えば、普段は対話を苦手とするけど、好きなアニメのイベントに参加するために人からイベントの参加方法を調べたり、そこから一緒にイベントに参加する仲間を見つけることができたりなど。他にもゲーム好きであれば、オンラインゲームを通して人との関わり方やゲームプレイを向上させるために、どのように努力をしたか、テーマは一見オタクそのもので毛嫌いされてしまうような内容に見えるかもしれませんが、どのような壁にぶつかり、どう努力しその結果何を学んだか、これらを答えられるようになれば、どんなテーマであっても素敵なガクチカになります。今はまだオタクがオタクであることを恥ずかしがる時代ですが、徐々にオタクという存在は愉快で楽しい存在として認知され始め、一部企業ではオタクを積極採用するところも存在します。一度"普通な就活生"を装うより"オタクとしての自分"を含めてESを書いてみてはいかがでしょうか。そうすることで回答内容の幅も広がり、答えやすくなることでしょう。



まとめ



志望する企業によってはオタクのイメージが沸かずに何を言っているのか分からないという状態になるため、自分をオタクとしてアピールできるような企業選びも重要になります。自分が経験しなかった過去を、周りがガクチカにするなら、自分も相手が経験しなかった過去をガクチカにすればいいのです。それがアルバイトや研究でなく、オタク活動でも構いません。企業は何をしてきたのかを気にしていませんから、自信を持って自分が夢中になったオタク活動をガクチカや自己PRにしてみてくださいね!

この記事のタグ
この記事をシェアする
  • Twitter
  • facebook
  • はてぶ
  • LINE
一覧ページに戻る