1. ホーム
  2. コラム
  3. オタク就活生の履歴書選び!オタクに最適な履歴書とは?

コラム

オタク就活生の履歴書選び!オタクに最適な履歴書とは?

就職活動で必ず書かなければならないもののひとつとして、履歴書があります。ですがこの履歴書、書店や通販で見てみると意外にも種類が存在してどれを買えばいいか分からない。という経験をしたことはありませんか?今回は履歴書の種類について、また人によって盛り込みたい記入項目が違うということから、最適な履歴書の選び方についてご紹介いたします。





履歴書にも種類があるってご存知ですか?





履歴書の選び方について、もちろん企業に指定された場合はそれに従って履歴書を選ぶ必要がありますが、特に指定がない場合、どれにすればいいのか迷ってしまうでしょう。そして、履歴書ひとつとっても様々な種類が存在します。しかし必ずしも"人によって変えるべきだ!"というわけではありませんが、自分にあった種類を選択することで書きやすさの違いが明らかです。まず、用紙サイズについてはA4サイズとB5サイズ二通りのみとなります。「とにかく自分のことを伝えまくりたい!」という方はA4、「あまり沢山書く自信はない...」という方はB5という選び方が可能です。また、B5にしたからと言って企業が「手抜きをするな」なんて思うことはありません。自分が伝えたい情報量に合わせて用紙サイズを選んでみると良いでしょう。しかし、用紙サイズとは別に履歴書の種類によって各項目の記入欄の大きさが違います。例えば学歴・職歴記入欄が多い場合は、転職歴を書くことが多い中途採用をしている人に向いていると言えます。他にも新卒の場合は職歴が少ない分、職歴欄よりも自己PRや自己紹介欄のある履歴書を使うことで企業に「自分」という情報を伝えることができますよね。中には志望動機欄そのものがない履歴書などもあります。しかし、「考えるのが面倒だから志望動機欄がないやつにしよう」という理由で履歴書を選ぶ人も少なからずいますが、ほとんどが面接で聞かれたときにアドリブでありきたりな言葉を並べてしまう。という事態になります。自分が恥ずかしい思いをしないため、履歴書に書かない場合でも考えておく必要はあるでしょう。



オタク就活生に最適の履歴書とは?





上記の履歴書の種類のご紹介について転職用や新卒用の履歴書など、種類の一部をご紹介しました。ここではオタク就活生についての履歴書の選び方についてご紹介いたします。オタクと言えば昔ではネガティブな言葉として使われていたことが多く、今のように気軽に使える言葉ではありませんでした。しかし、SNSや海外人気が日本に影響を与えたことにより、「オタク=特殊だけど博識で面白い人」というような存在になりつつあります。近年ではインターネットの普及により若者と学生から多くのオタクが誕生しています。しかし、オタク就活生はどうしても学生時代に力を入れたこと(ガクチカ)、自己紹介という部分で自分を売り込むことが苦手な傾向にあります。一方で自分の趣味や好きなことを話すのはとても得意で、共有できる相手に対しては仲良くなりやすいでしょう。これらの特徴を考えてみると、オタク就活生や趣味に多くの時間を掛ける求職者にとっては「趣味・特技欄」を多く書ける履歴書が理想と言えます。そもそも企業が志望者の趣味を聞く理由について、話のネタにしたいという思いが強くあります。つまり、自分がオタクであることを隠さずにアピールできる項目とも言えます。特にベンチャーや中小企業、または自分の趣味を仕事に活かせるような業界であればそれをきっかけに話が盛り上がることもあるため、自分の"好き"をアピールしやすいオタクと履歴書の選び方は就職活動においても大きなアドバンテージになるでしょう。他にも、パソコンよくあるテンプレートなどを、自分なりに変える。ということもできますので、パソコン操作が得意だという方はぜひ試してみてくださいね。また、これは上記でもお伝えしましたが、自分に合った履歴書探しの前に、企業に指定された場合はそれに従うことが社会におけるマナーです。必ず企業の方針に従うようにすることは心掛けましょう。



まとめ



書類一枚だけで多くの種類、書き方や用紙サイズが存在します。今回はオタク就活生に向けた履歴書の選び方をご紹介しましたが、当記事が参考になりましたら一度、企業に伝えたい自分の情報をまとめることから始めてみましょう。まとめた情報からパソコンで自作するか、それに合った履歴書を探してみてくださいね。履歴書は初対面の企業に対して自分という人間を効率的に伝えるための大切な書類です。ぜひ自分らしさを活かした素敵な履歴書作りにチャレンジしてみてください。

この記事のタグ
この記事をシェアする
  • Twitter
  • facebook
  • はてぶ
  • LINE
一覧ページに戻る