1. ホーム
  2. コラム
  3. オタク就活生は就活における適性検査について知ろう!

コラム

オタク就活生は就活における適性検査について知ろう!

就職活動を進めていくと、企業のほとんどは適性検査を実施します。近年では適性検査を実施する企業が多くなってきており、初めて適性検査を受けると知って、なにをどのように対策すればいいのか分からないという学生が増えました。今回は適性検査とは何か、またオタクという、知識が偏りがちな人にとって適性検査の有利不利はあるのか、それら対策方法についてご紹介いたします。





就活における適性検査とは?





冒頭では、適性検査を実施する企業が増えたと述べました。では就職活動における適性検査とはどういったものなのでしょうか。
適性検査というのは求職者を対象に、採用試験のひとつとして実施しているものであり、志望した職種・業務内容に対して適性(知識や適応力などの)有無を判断するために行うことを言います。他にも採用人数に対して志望者が多いという可能性を加味して、篩に掛けるという意味で行う場合もあります。この適性検査で判断される能力は主に、一般常識や基礎学力(国語、算数など)の「能力検査」と、向上心、コミュニケーション能力などの性格、嘘偽りなく回答しているかなどの「性格検査」の二通りあります。会社ごとに二通りやる場合もあれば片方だけという場合もあります。また、回答方法も企業ごとに異なっており、能力検査は主に自宅のパソコンで行える「webテスト」、直接企業に赴き受ける「ペーパーテスト」、指定された場所へ行き受ける「テストセンター」など様々です。性格検査では基本的に回答用紙に「はい、いいえ、どちらでもない」の三つから選択していく方法が主流になっています。



適性検査で採否が決まる!?オタクは不利なのか?





書類と面接で採否が決まると思われがちですが、ミスマッチ回避を目的として適性検査を実施している以上、適性検査の影響で採用と不採用が決定してしまう可能性があります。業務における人間関係、個々の業務内容に対する向き不向き、企業理念や価値観に対する従業員の理解度や忠誠心など。企業と個人の相性はとても重要です。では例えばコミュニケーションを苦手とすることの多い学生、またはオタク就活生の場合はこの適性検査で不利になることがあるのでしょうか。能力検査に関しては個人の学力や対策の有無によって大きく変わりますが、性格検査で判断されるコミュニケーション能力や価値観に関してはすぐに対策することができません。そのため、学力は満たしていても性格検査でつまづいてしまうかもしれないという方は、不利になる可能性があります。しかし、嘘の回答をしそれが仮にバレてしまった場合、採用という可能性は極めてゼロに近くなるため避けたいところ。必ずしも適性検査のみで採否が決まるわけではありませんが、判断材料のひとつになるのであれば、性格検査含めて少しでも対策をしておきたいところです。



オタクもやってほしい適性検査の対策法





ここでは適性検査の対策方法についてご紹介いたします。ビジネスマナーが苦手な新卒の就活生やコミュニケーションが苦手という方でも対策は可能です。ぜひ参考にしてみてくださいね。



  • 対策本で問題に触れる


能力検査は言語と非言語の二つに分けられ出題されます。これはつまり国語と数学です。語彙力や計算能力など、中学・高校レベルの難易度の問題がほとんどですので、それほど苦労することはないでしょう。しかし、細かい問題が数多く出題する企業もあり、まったり考えながら解いていては時間切れで"全部回答できなかった"なんてこともあり得るため、あらかじめ問題集などで形式や問題の出し方に触れて、体を慣らしておくと良いでしょう。また、業界・企業によっては国語と数学の他に英語を出題する場合があり、難易度は高校レベルに設定されてることが多いと言われています。英語を出題する企業は、日常的に業務で英語を使用することが多いということです。自分の目指す企業がどんな適性検査をするのか事前に調べておくと対策がしやすくなるでしょう。



  • 情報を事前入手


今やインターネットがあれば過去に適性検査を受けた先輩が情報を載せてくれている場合があるため、どのような問題が出るのかを把握するには適していると言えます。しかしネットの情報を鵜呑みにするのは大変危険ですので、情報の見極めとパソコンの基本操作ができる方はぜひ試してみてください。もちろん、身近に聞ける人がいる場合は信ぴょう性も高まるため、聞いてみるのもおすすめです。しかし、企業はこれらを見込んだ上で出題形式を変えることもあります。急な変更にも対応できるように様々な形式の問題に触れてみてください。



  • 性格検査に嘘は絶対にNG


検査や試験という言葉を聞くと、どうしても正しい答えでなければならないという考えが強くなってしまい、性格検査で虚偽の回答をしてしまう学生がいます。しかしこれが落とし穴であり、多くの就活生が失敗してしまうポイントです。「それでも性格検査で不採用になることを考えると怖い」と思う就活生が多いことでしょう。しかし、企業は学生との相性を見ているのです。そこで嘘をついて内定を貰えたとしても、実際に働き始めたときに「想像していたのと全然違っててショック」ということが起きてしまいます。企業との出会いは一期一会です。自分の憧れだったとしても自分に合うかはまた別の話。その時はまた企業研究をして自分が就きたいと思える企業を探せば良いのです。面接では分からなかった部分を性格検査で見ているため、肩肘張らずに自分らしさを出すのが性格検査では一番の対策方法と言えます。




まとめ



いかがでしたでしょうか。書類と面接だけかと思えば適性検査でも対策が必要で正直なところ、学生からしたら面倒なことですよね。しかし人生最大とも言える行事ですから、ぜひ自分の就きたいと思える企業、働きやすい職場を見つけてみてくださいね。今回の記事が少しでも対策の参考になれば幸いです。

この記事のタグ
この記事をシェアする
  • Twitter
  • facebook
  • はてぶ
  • LINE
一覧ページに戻る