1. ホーム
  2. コラム
  3. オタク就活生が面接で印象を良くするためのポイントを紹介

コラム

オタク就活生が面接で印象を良くするためのポイントを紹介

オタクと言っても何のオタクか種類がある様に、見た目に関しても「オタクっぽい」「オタクっぽくない」って正直あると思います。就活の場面においても同じ様な服装・同じ様な髪型と一見同じはずなのに、なぜだかオタクっぽい。あくまでも就活の場面において、不利に働いてしまう実情は現代においても否定は出来ません。ではなぜ見た目が重要なのか、印象を良くするためのポイントと合わせてご紹介して行きます。





採否にも影響。面接は第一印象が重要!





まず初めに第一印象は3~5秒で決まるとアメリカの心理学者アルバート・メラニアンは言っておりメラビアンの法則では、視覚55%・聴覚38%・言語7%の割合で相手に影響力を与えるとされています。面接での5秒と言えば言葉すら発する前か、良くても挨拶をする辺りではないでしょうか。ということは、面接の場面においてはほぼ視覚からの情報で第一印象が決まるという事になります。ではなぜ第一印象が重要なのでしょうか?



人は第一印象がよくない相手に対して、無意識のうちに距離をとろうとしてしまいます。挽回のチャンスがあればいいのですが第一印象を覆す事は難しく、そもそも面接の場面においてそんな時間はありません。一方で第一印象がいい人に対しては興味が湧きます。「どんな声をしているのだろう」「どんな話をするのだろう」「どんな事を考えているのだろう」ともっと知りたいという関心が向くのです。
また社会心理学では、ある対象を評価する時にそれが持つ顕著な特徴に引きずられて他の特徴についての評価が歪められる現象のことをハロー効果と呼んでいます。面接の場面に置き換えて考えると、いい印象の人の話は実際よりも高く評価され悪い印象の人の話は評価が低くなるという心理学です。相手の聞く姿勢に差が出てしまうという事は、第一印象次第で採否に影響が出てしまうという事なのです。



オタク印象を払拭! 面接で好印象を与えるポイントとは





ではオタク就活生は、どうしたらよいのでしょうか? まず視覚とは見た目の印象です。表情・身だしなみ・動きなどトータルの態度や雰囲気を見ています。ではさらに細かく、好印象を与えるポイントを解説して行きましょう。



表情


誰でも緊張して固くなりがちですが、あまりに満面の笑みでも不自然です。まずは第一印象が決まる、面接会場に入り挨拶をする場面では軽く口角を上げ、顔が明るく見える程度にしましょう。面接官としっかりアイコンタクトを取る事もポイントです。
また面接中は常に笑顔が良い訳ではありません。志望動機や質疑応答で熱意を伝えたい場面では、真剣な表情の方が好印象を与えられます。集団面接などで他の就活生が話している最中も真剣な表情で聞くのが好ましいでしょう。



身だしなみ


身だしなみは社会人の基本です。働き始めてしまえば職種や企業によってラフになりますが、あくまでも面接の場面にふさわしい身だしなみを心掛けましょう。キーワードは「清潔感」です。




  • 顔がはっきりと分かる様前髪は目元にかからないように(男性はなるべく額を出す)

  • 耳を出す(女性は耳より下の1つ結びかお団子・もしくはハーフアップ)

  • ワックス使用は清潔感を出す為なら使用OK

  • 男性は髭を綺麗に剃りましょう

  • メイクは濃過ぎずナチュラルに(瞳の色にアイメイクを合わせるのがポイント)

  • 口が荒れている場合はリップクリームを

  • スーツはジャストサイズを選ぶ

  • スーツの色は黒か紺・シャツは白でもちろんシワはNGです(ネクタイは派手過ぎない物を)


  • 動き


    面接の場面での動きと言えば、入退室のマナーに当たります。しっかりと事前に確認し自信を持って、テキパキと動きましょう。集団面接でのマナーを学んでおけば、個人面接での応用も可能ですので今回は集団面接を想定して説明します。さらに今回は第一印象が決まる入室に焦点を当ててご説明して行きましょう。



    • 先頭


    先頭になった場合はまずドアを3回ノックします。ドアが開いている場合でも同様です。「お入りください」と面接官から声がかかったら、静かにドアを開けましょう。その際、ドアノブが左の場合は右手で、右の場合は左手で開けるとスムーズです。ドアを開け「失礼します」と言い終わってから一礼をして入室し椅子の左側に立ちます。面接会場によっては椅子の横に立つスペースがない場合がありますので、その際は焦らず椅子の前に立ちましょう。また指定がない場合は先頭の人が奥の椅子まで進みます。



    • 2番目以降


    ドアの前で1度立ち止まり「失礼します」と言い終わってから一礼をして入室し、椅子の左側に立ちます。



    • 最後尾


    まずは入室します。入室したらドアの方に向き直り、静かにドアを閉めましょう。もう一度面接官の方に向き直し「失礼します」と言い終わってから一礼をして椅子の左側まで進みます。鞄は椅子の利き手側に置き、コートは綺麗に畳んで鞄の上に置きましょう。マフラーなどがある場合は、面接官の前でもたつかない為に事前に鞄の中にしまっておきます。面接官に「お掛け下さい」と言われたら「失礼します」と一礼して椅子に座りましょう。また入室の際の一例はすべて30度となります。
    また動きの中には姿勢も含まれます。猫背は相手に暗い印象を与えてしまいますので、背筋をピシッと伸ばし正しい姿勢を心掛けましょう。



    まとめ





    いかがでしたでしょうか? 面接の場面において第一印象を良くする為には、まず見た目が重要という事ですのでオタク印象を払拭しなければなりません。中身で判断して欲しいという声も聞こえてきますが、社会人は見た目も大切なのが現実です。アニメのキャラクターを好きになった経緯も、きっかけは見た目ではありませんでしたか? そこから興味を持って中身を知っていく。面接でも同じなのです。自分の魅力を知って貰う為にも、ぜひ面接官に好印象を与えましょう!

この記事のタグ
この記事をシェアする
  • Twitter
  • facebook
  • はてぶ
  • LINE
一覧ページに戻る