1. ホーム
  2. コラム
  3. コミュ障に悩むオタク必見!就活でコミュ障を克服しよう

コラム

コミュ障に悩むオタク必見!就活でコミュ障を克服しよう

今までは気の合う人達だけと付き合い、その他の人とはコミュニケーションを取る必要もなかったのに、就活の時期になるとコミュ障も深刻な問題となります。この記事に辿り着いたという事は「このままだとなんかまずいぞ」と感じたからでしょう。しかし! 安心して下さい! コミュ障に悩むオタクはあなただけではありません。今回はコミュ障に悩むオタク必見! 就活でコミュ障を克服する方法を伝授して行きましょう。





コミュ障に悩むオタクは意外と多い





本来であれば医学的な用語として使われている「コミュニケーション障害」。しかし現代では、人付き合いやコミュニケーションが苦手な人を対象に「コミュ障」と呼ばれています。その原因は様々あるとされていますが、いくつかご紹介して行きます。



医学的な観点


脳の発達障害などが挙げられます。軽度の場合は性格や個性と捉えられ、周りとの違いに悩みながらも見過ごされている場合も多いといいます。



家庭環境


両親の関係が良好ではなかった場合、本来親を見て学ぶはずのコミュニケーションの取り方を学べなかった可能性があります。また話を聞いて貰えなかったなど、幼い頃から人に対する恐怖心や苦手意識を持ってしまった可能性です。



気にし過ぎ


「自分の話はつまらないんじゃないか」「こう言ったらああ思われてしまうんじゃないか」「自分は周りにどう見られているのか」など、色々と気にし過ぎてしまっている事が原因になっている場合があります。



面倒なだけ


頑張ればコミュニケーションを取れるにも関わらず、苦手だし面倒だから頑張らないパターンです。コミュ障という言葉が広く認知される様になった事で、あえて頑張る必要もない空気感が漂っている事が背景にあると考えられます。


しかし、学生時代はあえて頑張らなくても良かった物が、社会人になればそうも言っていられません。人との関りは避けて通る事が出来なくなってしまうのです。では次に、コミュ障を克服する事で得られるメリットを解説して行きます。



コミュ障を克服するメリット





コミュニケーションは社会人として、ひいては人生においても非常に重要な物となります。では具体的にコミュ障を克服する事で、どの様な物を得られるのでしょうか? 人生・社会人・就活の3つの視点から考えて行きましょう。



人生


人生において何が幸せなのかは人それぞれですし、正解などはありません。プライベートに関しては、1人でいた方が幸せだと感じる人もいるでしょう。そんな人は、仕事上の対人関係での悩みが減る事がメリットと言えるでしょう。



社会人


信頼関係の構築が出来る為、業務が円滑になります。効率化が求められている現代では、コミュニケーション能力も重要になる為評価にも直結するというメリットがあるのです。



就活


コミュ障の人にとって、就活の一番の難関は面接ではないでしょうか? 当たり前ですが、面接官も人です。コミュニケーション能力のある人の方が優れていると評価される傾向にあります。
これから社会人になるにあたって「コミュ障を克服したい! 」「コミュ障って克服できるの? 」と思っているオタク就活生のみなさんの為に! 最後に、就活を通して少しでもコミュ障を克服出来る方法をご紹介して行きましょう。



就活でコミュ障を克服しよう!





就活では知らない人と挨拶をする機会が日常生活よりも多く、また面接では自分の口から答えなければならないなど、何かと自分主体で話す機会が多くなります。考え方によっては、就活はコミュ障を克服する絶好の機会になるかもしれません。ではコミュ障を克服して行く為に、就活を通してできることは何なのか、場面別にご紹介して行きましょう。



インターン・説明会


まずは企業の方や就活生に笑顔で挨拶をしましょう。笑顔で挨拶する事で、話しかけてもらいやすい雰囲気を出します。あわよくば、自分から動かなくても話しかけて来てくれる人がいるでしょう。自分から行動する場合はグループワークが一緒だった人などに話しかけて、お昼休憩を一緒に過ごしてみてはいかがでしょうか? 就活情報の交換や、就活の悩みなど共通の話題を話したり、相手が良く話す人であれば相槌を意識して聞き役になるのもいいと思います。流れで連絡先を交換出来れば上出来です。



面接


面接は自分をアピールする場になります。人前は慣れる事が一番です。失敗しても人生が終わる訳ではありませんし「落ちたら今後会う事もない人達だ」位の気持ちで、思い切ってアピールしましょう。



人と関わる


就活エージェントや就活支援を利用して、人と関わる機会を作りましょう。相手はコミュニケーションに慣れている為、会話などはリードしてくれるでしょう。普段関わる事のない人だからこそ、気付かされる部分があります。
コミュ障はすぐに克服できる物ではありません。まずは第一歩! 踏み出す事が大切です。



まとめ





「コミュニケーションが上手い人=話し上手」をイメージするオタク就活生も多いかと思いますが、実際はそうでもありません。もちろんコミュニケーションには話す力も必要ですが、人の話を聞く事もコミュニケーション能力です。人の気持ちを察する能力、共感力、優しさだけではなく時には叱る能力など様々な物がコミュニケーション能力となります。コミュ障を克服したいと感じたオタク就活生は、就活を通して自分の出来る所から始めてみてはいかがでしょうか?

この記事のタグ
この記事をシェアする
  • Twitter
  • facebook
  • はてぶ
  • LINE
一覧ページに戻る