1. ホーム
  2. コラム
  3. 就活のESに書けるオタクの「長所と短所」はなんだろう?

コラム

就活のESに書けるオタクの「長所と短所」はなんだろう?

自己理解の深さは就活を有利に進めるための必須項目ですが、中でもESで設問されていることが多い「自分の長所と短所」について、とても難しいと感じる方が多いでしょう。答えは自分自身の中にあるのですから、早々に答えが見つかるわけではありません。今回は長所と短所が問われる理由やその見つけ方、また、若者に増加傾向があるオタクについて、オタクの魅力と一緒にESに活かせる長所と短所をご紹介いたします。



目次

  • 就活のESで長所と短所が聞かれる理由

  • 長所・短所が思いつかないときの見つけ方

  • オタクの長所と短所とは?

  • まとめ


  • 就活のESで長所と短所が聞かれる理由





    そもそも、なぜエントリーシート(以下ES)で就活生の長所と短所を聞いてくる企業が多いのか、その意図について理解するところから始めてみましょう。ここでは主な理由として二つご紹介いたします。



    ミスマッチ回避


    例えば、"危機感がない"という短所があったとすると、これは言い換えれば"冷静"とも捉えられます。このように、長所と短所は表裏一体と言われることがしばしばあります。そして、特徴が企業と上手くマッチしているか、入社後どのように活躍してくれるかなどのポテンシャルを見ています。新卒の就活は特に実力よりも人柄を重視して採用します。
    企業の色に染まりやすい人間でなければ、求職者はすぐに転職を繰り返し、企業は採用に使った時間と費用を浪費するという、お互いが損をする原因にしかならないため、長所と短所から人柄を見て企業の雰囲気や方針に合っている人間かを注視しています。



    自己理解


    「長所はなるべく多く書いて、短所は極力少なく書こう」新卒の就活生であれば一度は考えたことではないでしょうか。しかしこの考え方、実は落とし穴の可能性が高いんです。もちろん長所が多い人間ほど様々な分野で活躍でき、企業の求める理想に近付けることでしょう。しかし、根拠のない長所や特徴を羅列したところで企業は就活生の人柄を理解することはできるでしょうか。特徴の数よりも自分が自分を理解できているかが重要です。そのため、ネガティブ要素いっぱいの答え方では、企業も良くは思わないでしょう。企業が本当に知りたいのは、短所の対策方法や長所がどのように活かせるのかをしっかりと"自分自身で理解できているか"を知ろうとしています。そこから問題解決力や社会生活の様々なトラブルに臨機応変に取り組んでいけるかを見ています。



    長所・短所が思いつかないときの見つけ方





    しかし、長所と短所というのはすぐに見つけられることではありません。上記でお伝えした通り、長所と短所が表裏一体ということはご存知だと思います。つまり、長所が見つかれば自ずと短所に変えられる(逆もまた然り)ということです。しかし、他にも見つけ方は存在します。ここでは長所と短所の二つに分けて、見つけ方をご紹介いたします。



    長所の見つけ方


    自己分析で客観的に自分を見つめることは前提としてありますが、ここでは「企業がどのような長所を必要としているかを知る」ということをご紹介します。まずは"接客を主な業務とするコンビニアルバイト"について、簡単な例文からご紹介します。自分が採用する側の視点で長所を読んでみましょう。



    例1「私は人とのコミュニケーションに強い関心を持ち、人と接することが得意です!」

    例2「私は手先が器用で、パソコンや精密機器に関する知識や操作が得意です!」



    どちらも魅力ある長所ですが、接客がメインのコンビニ業務ではどちらが活きるか。この場合は例1の方が活きやすいと、ほとんどの方が感じたでしょう。長所も人によって数も種類もそれぞれ。上記のミスマッチ回避でもご紹介した通り、企業は長所を活かせるのかを見ているため、企業に合わせた長所を見つけることが大切です。自己分析と共に企業研究もすることで自分の長所はどの企業で活きるか、企業選びの指標にもなりますので、試してみてください。



    短所の見つけ方


    自己分析は就職活動において様々な要素で必要になるため避けては通れませんが、つい主観的に見てしまったり限界を感じてしまいます。その時は、周りに自分のことを聞いてみるのも良いでしょう。家族や仲の良い友人、自分の悪いと思う面を素直に話してくれる方に訊くことで客観的にみたそのままの自分を知ることができるため、自己分析よりも簡単で、明確な答えを見つけることができるでしょう。また、短所を見つけたとしても企業に話してもいいことと話してはいけないことの区別をしっかりつける必要があります。例えば、「忘れっぽくて約束や決まり事が頭から抜けてしまう」なんて言ってしまえばほとんどの企業が「仕事を任せられない」と判断するでしょう。他には、過去の苦労したストーリーから自分の特徴を探してみるのも良いでしょう。例えば幼い学生の頃にあった「夏休みの宿題を前日まで終わらせない」ということも、"危機感がない"、"計画性がない"などに言い換えられます。その経験から何を学んでどのように対策しているのかを述べることが出来れば短所も好印象としてアピールすることができます。



    オタクの長所と短所とは?





    近年では企業もオタクという存在を「楽しい」、「知識が豊富」という点から企業発展に一役買ってくれるだろうと期待を寄せています。長所と短所も人それぞれですが、ここでは特徴に共通点が多いオタクについて、ご紹介いたします。



    • 長所


    本来、趣味を"ただ楽しむためのもの"だけでなくひとつの"生き甲斐"とするのが、オタクの特徴です。「好きこそものの上手なれ」ということわざがあるように、趣味を通して学んだ経験やスキルは、仕事にも活かせるところが沢山存在します。例えば、ゲームオタクが休日に一日中休みなしにプレイし続けるのは、興味のない人からしたら時間の無駄にしか思えないでしょう。しかし、趣味に掛ける時間もさることながら、物事に掛ける集中力は人一倍あると言えます。もちろん好きだからこそということもありますが、その集中力は立派な長所としてアピールすることができます。



    • 短所


    若者の多くはコミュニケーションに対する苦手意識が強いです。オタクも例外ではなく、趣味を一人で過ごすことが多かったり、コミュニケーションも現代ではSNSの文字だけ十分可能になりました。しかし、いつの時代になってもコミュニケーションは全ての業界で常に問われる必須スキル。苦手なコミュニケーションに対して、どのように対策を講じているかを考える必要があります。コミュニケーションも経験と共に鍛えられるスキルですので、「今すぐ改善できなくとも、これから仕事を通して鍛えていきたい」という姿勢をアピールすることも好印象を与えるでしょう。



    まとめ



    いかがでしたでしょうか。企業が知りたい理由を知るだけでも考え方が変わったかと思います。まずは自分の得意不得意を紙に書き起こしてみるのも良いでしょう。そこから見られる自分の特徴がどういう長所を持っているのか、それを言い換えれば短所にもなりますので、ぜひ試してみてくださいね。

この記事のタグ
この記事をシェアする
  • Twitter
  • facebook
  • はてぶ
  • LINE
一覧ページに戻る