1. ホーム
  2. コラム
  3. オタク就活生|就職活動で使う”強み”は作ることができる?

コラム

オタク就活生|就職活動で使う”強み”は作ることができる?

就職活動では、数少ないアピールポイントの中で企業に自分を売り込んでいく必要があります。中でも、自分の強みを伝える機会は、絶好のチャンスですよね。

しかし、自分には強みがないと思い、どのようにして企業に伝えるべきかを悩む人が多いことも事実。特に、趣味に人一倍時間を掛けるオタクにとって、趣味以外強みはないという結論に至る方も多いはずです。そこで今回は、オタクが就活で使える「オタクならでは」の強みについてご紹介します。





就職活動でいう”強み”とは?





多くの企業で、就活生の強みを聞いてきますが、「そもそも強みがどういうものなのか分からない」という方が多いですよね。また、長所と強みの違いが分からないという方も大勢いることでしょう。



就活における強みというのは、「仕事や企業で直接活かせる自分の長所」です。強み=長所であることは間違いありませんが、企業によって自身の強みは変える必要があります。

例えば、人と接することが大好きで、コミュニケーション能力が高いという点が長所だとしても、長時間黙々と作業をする仕事では、強みとしてアピールすることは難しいです。自分の得意な事や強みを活かせなければ、仕事を通して活躍することは難しく、企業だけでなく自分が働きづらいと感じてしまう原因にもなります。

強みを効果的に企業にアピールするためには、自分がどんな強み、弱みを持っているかを知るための自己分析はもちろんのこと、企業研究を通して、希望企業がどういう人材を求めているかを正しく理解する必要があります。

しかし、自己分析をして自分にどういう強みがあるのかをすぐに答えられるなら、苦労はしません。また、就活で答えるための強みというのは、見つけるものなのか、見つからない場合は造作しても良いのか、悩んでしまうことでしょう。



就職活動で使う”強み”は見つける・作る?





就活で答える強みについて、見つけた方が良いのか、作った方が良いのか、悩む就活生も多いと思います。



結論として、強みは見つけることもできますし、自分で作ることも可能です。

見つけ方としては、自分の過去を振り返って、自分を客観的に見つめることで、どのような時に頑張れたかなどを知ることで自分の強みを知ることができます。

他に、自己分析が難しいと感じる人は、自己分析の逆、他己分析をしてみることをおすすめします。他己分析というのは、周りに頼られたことや褒められたことを振り返ってみるなどの他に、直接自分の強みを聞いてみるのもいいかもしれません。ですが、上記でもお伝えした通り、自己分析で簡単に見つかるなら、自分の強みについて悩む就活生はいないはずです。

もし、自分の強みが見つからない場合は、作ることをおすすめします。次は、強みの作り方についてご紹介します。



就職活動での”強み”の作り方





自己分析や企業研究、他己分析をしても自分の強みが見つからない、または見つけてもその強みが就職活動に活かせるか不安。そんな時は、今からでも自分の強みを作ってみてください。ここでは、強みの作り方についてご紹介いたします。



オタク就活生の中には「趣味はゲームで、ゲームしかしないから取り柄も強みもない」と言って、強みを探すこと、作ることを早い段階で諦めようとする方がいます。しかし、ゲームという、世間的に冷たい目で見られがちな分野とは言え、ゲームを長時間遊ぶには体力も集中力も必要になります。体力と集中力があれば、事務職やルーチンワークの多い職種だって難なくこなせます。

また、ゲームと聞くと、世間の目を不安に思う方も多いかもしれませんが、一つの分野を徹底して継続できるのは、専門性があるという証明になります。専門性の有無はそれだけで強みになりますし、他の就活生と差別化を図ることができます。



多くの分野に少しずつ触れてみる


没頭するものや夢中になれるものがない。そんな時は、無理に自分の強みを見つようとしたりせずに、是非、いろんなことに手を伸ばして体験してみてください。自己分析で自分の強みが分からない就活生の多くは、原因の一つとして、行動量が少ないことが挙げられます。様々なことを経験することで、自分の向き不向きが明確になり、どの分野なら自分が得意かが分かるようになります。



まとめ



強みを聞いてくる企業が多い中で、どう答えればいいのか、見つからない場合は作ることができるのか、悩む就活生が多いですよね。

しかし、多くの企業が聞いてくるということは自己PRや志望動機と同じように、合否に関わる重要な要素だということを覚えておいてください。本稿を参考に、自身の強みを見つけたり、新しいことに沢山挑戦して自分の強みを作ってみてくださいね。

この記事のタグ
この記事をシェアする
  • Twitter
  • facebook
  • はてぶ
  • LINE
一覧ページに戻る