1. ホーム
  2. コラム
  3. 夢のゲームプログラマーになるには入社後のキャリアステップを知ろう

コラム

夢のゲームプログラマーになるには入社後のキャリアステップを知ろう

ゲーム開発において根幹部分を形成する役割を担うゲームプログラマー。自分が手掛けたコーディングやプログラミングが、ゲームに“やりごたえ”を与えるのでゲーム好きものづくり好きにはうってつけの職種ですね。ですがプログラマー経験の無い人からすると、技術や知識の面で敷居が高いように感じてしまいがち。そして意外と入社した後にギャップを感じて離職してしまう人が多いのも事実…。本稿ではゲームプログラマーのキャリアパスから仕事のやりがいについて触れていきましょう。






最初は誰もが一番下からのスタート





ゲーム業界の最前線で開発業務に勤しむゲームプログラマー。主にゲームプロデューサーやゲームデザイナーから送られてきた企画書・仕様書の情報に則って、C言語(C++やC#)にJAVAといった開発言語を駆使してプログラムを組んだりコーディングをしていくのが仕事になります。


プラウザゲームにしろコンシューマー、ソーシャルゲームにしろ“どれだけ滑らかに動作しているか”はユーザーの満足度が関わってくる問題であり、それだけでなく動作を妨げるバグの発生も意識しなければならないので、まさにゲーム制作・運用の“生命線”的な存在といえますね。皆さんが普段プレイしているゲームが何の不具合無く機能しているのも、ゲームプログラマーが丁寧にプログラミングし、問題発生時には速やかに処理を行っているから実現しているんですよね。



ゲーム制作は多くの人に感動や驚きを提供するのが目的となりますが、企業目線だと何より“売り上げへの直結”が大前提。いくら他の職種がシナリオなりデザインなりで目を見張るほどのクオリティーに仕上げてくれたとしても、フリーズが多発したりキャラの挙動とSEにズレが出たりなどのバグに気付かず販売してしまえば、当たり前ですが顧客満足度や売り上げは下がるでしょう。


そういう意味でもゲームプログラマーはただ機械と向き合っているだけでは務まらず、常に携わったゲームのアフターフォローに徹すると同時に、企業の利潤追求も意識していかなければならないのです。開発における高い技術や経験、クリエイターとしての問題処理能力が大事なのは言うまでもない事ですが、こうして見ると“コンテンツを生み育む事の責任”も大きい事が理解出来るかと思います。



まずはアルバイトからスタートしてみよう】


とはいっても、ゲームプログラマーも他の職種達と変わらず狭き門であり、就活の時期に差し掛かると限られた採用の席に座るために大勢のゲーム好きが応募をかけるのが毎年お馴染みの光景です。


特に新卒採用ではクリエイター職に対する確固たる気持ちや意欲的な姿勢は必要不可欠ですが、転職者の採用と違い実務経験が当然無いので評価対象には“学歴”も大きな要素に含まれます。実力を期待出来る人材を採る中途などでも気にはしますが、これは求人倍率が非常に高い大手企業で目立つ点ですね。もちろん「学歴が全てを左右する」というわけではありませんよ! 一般大学の卒業者でゲームへの熱意やプログラマーとしての適性が十分な人も採用されるケースは普通にあるので、上記のは“参考程度”に覚えておいてくださいね。



では、学校で情報学部に所属していたけどゲーム開発は未経験で、スキル的にも不安が大きいという人はどうするべきかというと、まずは正社員のゲームプログラマーを目指すのではなくアルバイトの開発・デバック処理を始めるのをオススメします。


正社員ではどうしてもそれなりのスペックを最初の内から求められる上に、業界について何も知らないでいると、納期前の忙しさや状況変化にギャップを生じてしまう可能性があります。


そうならないためにもまずはアルバイトで経験を積み、ゲームプログラマーとしての自信やキャリアを積んでから正社員の採用に挑む方が安心出来ますよ。



ゲームプログラマーのやりがい


ゲームプログラマーの魅力といったらやはり、自分が手掛けたゲームをユーザーが「面白い」「システムが優秀」と評価してくれる事でしょう。特に今ではネットを介して購入者の声を拾いやすい環境なので、頑張った結果がレビューという形で反映されるのはモチベーションにも繋がります。無論、好意的な評価もあればネガティブな評価も一定数現れるもの。しかしそれは今後の制作でも改善のヒントになりえるので、前向きな評価として捉えましょうね。



そしてゲームを通じて多くの人の感情を刺激出来るのもこの仕事の楽しい点ではないでしょうか? ビッグタイトルやシリーズものなら最初の内で期待値は高くなっているものですが、インディーズや新規タイトルでシステム・モーション面でゲーマーの没入感に深みをもたらす事が出来たのなら、ゲームプログラマー冥利に尽きると言えますね。



キャリアステップすると仕事内容にも変化が出る





ゲームプログラマーのキャリアステップについてですが、入社した当初はゲームの開発だけでなくプランナー達と同じように“雑用”をこなして、業界のノウハウや他のクリエイターとの繋がりを意識するようになります。仕事も自分一人で賄うのではなく5~6人ほどのゲームプログラマーが一つのタイトルに取り組みます。そしてそのままキャリアを積んでいけばプログラマーのメイン・サブポジションで継続して動いていくか、プログラマー以外の業務に関わるかの2つを考える事になるでしょう。


本気でゲームプログラマーとして働いていきたいのならメインプログラマーやサブプログラマーとしてプロジェクトを回していく事が出来ますし、プランナーやディレクターにシフトして企画の立案に携わる事も可能になります。後者では管理職・プロデュース業務が主になるので、キャリアアップによってどういう道を歩むかは“本当に自分がしたい業務”と照らし合わせて考えましょう。



仕事の幅に変化が生じる事をお伝えしましたが、ここでゲームプログラマーの平均年収についてもお話していきます。ゲームプログラマーは“30代前半~半ばがほとんど”とされていますがその年収も、中小企業ならば約300万円から約500万円。大手企業だと約600万円から約800万円だという平均データが出ています。ここまでの年収の開きがあるので中小で経験を積んだベテランが大手で活躍するために転職するのも珍しくありません。



まとめ





今回はゲームプログラマーのキャリアステップについて解説をしてきました。純粋にプログラミングでゲーム制作に関わっていきたいと考えるのか、もしくはプログラムを組むのみならず企画や運用、チームの管理に回っていきたいと考えるのかで、当然仕事の幅や年収は大きく変化します。ですが早く一人前だと胸を張れるように、まずは雇用形態や企業の規模にこだわらず実績を積んでいきましょうね。

この記事をシェアする
  • Twitter
  • facebook
  • はてぶ
  • LINE
一覧ページに戻る