1. ホーム
  2. コラム
  3. コミュニケーションが苦手なオタクが就職活動で実践してほしい3つのこと

コラム

コミュニケーションが苦手なオタクが就職活動で実践してほしい3つのこと

数多くの娯楽コンテンツがある中で、どのジャンルにおいても必ずオタクという層は存在しますが、近年では学生の中にもオタクが増えました。

そこで、学生のオタク増加に伴って、「就職活動でコミュニケーションを取るのがとても辛い」と悩む就活生も多くなりました。しかし、コミュニケーション能力は生涯に渡って必要とされるので、今の内に克服してみてはいかがでしょうか。

今回は、オタク就活生もできる、コミュニケーションの苦手克服のために実践してほしいこと3選をご紹介します。





オタクがコミュニケーションを苦手とする原因とは





まずは、コミュニケーションを苦手とする原因について知ることから始めましょう。



自分に自信がない


これは、オタクに限定したことではありませんが、自分の発言を否定されたら、誰だって自信をなくしてしまいますよね。

自分の考えや発言が否定されてしまえば、自分から何かを発信することに自信がなくなり、次第に人とコミュニケーションを取ることに苦手意識が出てきます。



ネットで会話が成立する時代になった


これまでは、待ち合わせをし、直接会って話すことが一般的でした。

しかし、スマホが普及したことにより、ネット環境一つで、誰とでも簡単に連絡を取れる時代になりました。

そのため、「対話そのものが無くなった」ということが原因として挙げられます。

もちろん、円滑にコミュニケーションを取る方法の一つとして非常に便利なSNSですが、文字のみではコミュニケーションを鍛えることは難しく、むしろ低下の原因になります。



趣味に掛ける時間が多い


オタクの特徴として挙げられるのは、やはり「趣味に掛ける時間が長い」という点ではないでしょうか。

様々なコンテンツが多様化にし、娯楽そのものが一人で楽しめるようになったことで、人と関わることから簡単に遠ざかることができるようになってしまいました。一人で楽しむ時間が多くなればなるほど、当然、人と関わることも減りますから、使わない能力は低下していきます。



上記で挙げた原因の他にも、幼少期に育った環境が今のコミュ力に大きく影響していることは間違いありません。

だからと言って、すぐにコミュニケーションを取ることを諦める必要もありません。



コミュニケーションの苦手は克服できる?





環境がもたらす影響からコミュニケーションに苦手意識持つため、これからでも、苦手意識は克服することができます。



会話が続かない、一生懸命話しても相手に理解してもらえない、そもそもどんな会話したらいいのか分からない、相手が自分のことをどう思っているのか気になりすぎて発言しづらい。

コミュニケーションが苦手と言っても人によって悩みの種はそれぞれだと思いますが、周りを見ていると、面白いことを言ったり、気が利いたことを言っている人が目立ちますが、コミュニケーションを克服するのに、面白いことを言う必要なんてありません。

次に、コミュニケーションが苦手な人が実践してほしい3つのことをご紹介します。



コミュニケーションが苦手なオタクに実践してほしい3つのこと





ここでは、コミュ力を少しでも上げ、就職活動を上手く進めていくために実践してほしいことをご紹介します。



相手の話をよく聴く


当然のことですが、相手を前にすると、なかなか上手くできないことです。世間の持つオタクのイメージは「早口で自分のことばかり話してくる」というところが強く、オタクの中にもそれを自覚している人もいるはずです。

まずは、自分のことを話す前に、相手の話に耳を傾けることから始めてみましょう。人は自分の話を聴いてもらえると嬉しい生き物ですから、まずは自分から傾聴する姿勢になることで、コミュニケーションを円滑に取ることができます。



笑顔を意識する


言葉以外にも、人とのコミュニケーションを円滑にする方法があり、非言語的コミュニケーションと呼ばれるもので、しぐさや表情、目線などで、相手の話を聴いていることをアピールします。

最初から笑顔で話していれば、不自然ですから、毎日少しずつ練習をしましょう。また、頷くだけでも会話が成り立つため、前述した傾聴と一緒に実践してみてください。



一般常識を日々身に着ける


何を話せばいいのか分からない。という悩みを持つオタク就活生に実践してほしいことです。

ゲームやアニメ、アイドルといったものだとしても、オタクは、特定の分野に関する知識は専門性を持つほどに情報を調べませんか?

情報を調べる癖が身に着いていることがとても大切で、スマホを使って時事問題や社会に関する知識を一日一つでも身に着けると、社会人と話すときに困りません。SNSに当てる時間の一部を、ニュースを見る時間にしてみてはいかがでしょうか。



まとめ



いかがでしたでしょうか。今回はコミュニケーションの苦手意識の克服についてご紹介しました。

コミュニケーションが苦手というのは、いわば個性の一つですが、就職活動ではデメリットになる可能性もあるため、当記事を通して、今後も活かせる傾聴力や知識を身に着け、就活を少しでも有利に進めていきましょう。

この記事をシェアする
  • Twitter
  • facebook
  • はてぶ
  • LINE
一覧ページに戻る