1. ホーム
  2. コラム
  3. ゲームプログラマーになるには? 学ぶべきステップを徹底解説

コラム

ゲームプログラマーになるには? 学ぶべきステップを徹底解説

ゲーム制作の主軸を担うゲームプログラマーは、ゲーム系企業への入社を熱望するクリエイター志望の学生に大変人気な職種。ですが憧れの気持ちがあっても、具体的にどんな取り組みをしていけばいいのか分からない人も意外と多いです。そして今まで別分野を学んできた人は「未経験でもゲームプログラマーになれるのか?」と気にしている事でしょう。今回はゲームプログラマーを目指す就活生向けの情報を発信していきますね。





ゲームプログラマーになるためのステップ





就活生の皆さんは業界・企業研究と自己分析を入念に行っている事と思いますが、そんな中でも志望する企業や職種でどんな人物が求められているのかは中々掴みづらいはず。特にゲーム業界というある種、特殊性のある分野だと尚更でしょう。また、大学や専門学校でプログラミングに関する学習を行っていれば、能力次第で入社後すぐに活躍の機会を得る事を期待出来るでしょうが、興味はあっても全く未経験という立場だと、そもそもゲームプログラマーとしてデビュー出来るものなのでしょうか?
確かにゲームプログラマーは上流工程から流れてきた仕様書に沿って、ゲームのエフェクトやモーションといったシステム開発、不具合の対処などを手掛ける“専門職”であり、スキルや開発の経験は仕事を継続する上で必須。


実際、ゲームプログラマーは学生の頃から独自にアプリを開発したり開発言語の勉強や多くのツールに触れてきたという経験者が多くを占めていますが、その中には全く別の分野を学んでゲーム系とは関係の薄い業界で働いていた人も含まれます。“ゲームプログラマー”と言ってもそのステップは志望者によって異なるのです。





新卒の採用活動の面でいうと、大手の有名企業ではプログラマーとしての経験や質はもちろん選考の評価ポイントに挙げられますが、レベルの高い企業だと在籍校の偏差値が特に重要視されます。


特に誰もが知るような企業は言うまでも無く上場企業。そんな場所に経験も無ければ学歴も微妙という学生が新卒として入る余地はほぼ無いと言えます。とても失礼な話をしていますが、現実として大手企業では学閥があるところもあり、採用実績も有名大学出身が目立つ事もあるので触れておきます。残酷な話ですが日本は学歴社会であり、企業の規模が大きければ大きいほど学歴フィルターが活きるのです。



次に専門学生の就職について。実務経験の無さを専門学校で培った知識や技術力でカバー出来る分、一般の学生に比べたら就職のしやすさは期待出来ます。もちろん企業の方針や強み、そして自分がやりたい仕事によって必要となる能力(プログラミングスキル)は変化が出てきますが、入社後に一から経験を積んでいくコストや手間を考慮すれば、簡単な研修を経て即戦力として働いてくれる専門学生はゲーム業界に挑みやすいです。
そして前述にて“大手では有名企業が採られやすい”と話しましたが、彼らとの差を埋める意味でも専門学校で学んだ事は最大のアピールになります。しかし、学歴の壁を乗り越えて新卒として大手に入社するには経験を訴えかけるだけでは無く、ポートフォリオから自作のアプリツール(実用性・精度共に高いもの)などを用意する事が必須です。



新卒としてストレートに入社し、仕事を続けていくために


これはゲーム業界のみならずどの業種でも言える事ですが、自分が“どんなキャリアを歩んでいきたいのか”という将来像を明確にする事が、就活を円滑に進ませるためのステップとなります。優秀な実績やスキルがありながら就活を失敗してしまう人の多くは、自分と企業の将来について漠然としたイメージしか浮かばない点が挙がります。「仕事を通してどんな成長を遂げたいのか」「与えられた仕事だけでなく、今後はどんな活躍を望んでいるのか」「携わるゲームのみならずお世話になる企業にどう貢献していきたいのか」これら要素をしっかり思い描けているだけ、志望度のアピールや展望について語る際に言葉に詰まるなんて事は起きませんよ。そして自分の中で確固たる目標が定まっているのは、仕事を継続するモチベーションにも繋がります。ゲーム業界は各々の求められる能力水準が高く、タスクの多さやマスターアップ時のピリピリ感で多くのゲーマーの心を折ってきました。そんな困難を乗り越えられる気持ちを育むためにも、キャリアパスの明確化が重要なのです。たとえ残業が多くて個人に課せられる業務裁量がきつくても、憧れの役職に就いたりビッグプロジェクトの中心に立つ事を目標にすれば、きっとその苦労も“より良い将来を実現するための糧”と思えるようになりますよ。



独学でもゲームプログラマーになれる





上記の大卒・専門卒以外にも独学で知見を広げてゲームプログラマーになる道も残されています。言うまでも無く、アドバイスをくれる講師はおらず実践的なスキルも身に付きづらい、さらに知識の吸収も各人によって差があり、たった数ヶ月でプログラミングを使いこなせる人もいれば何年経っても実を結ばない人もいます。ですがスクールに通うわけではないので費用は格段に安く済みますし、勉学に充てる時間も自由に割り振れるので、学業や就業時間外でも取り組みやすいです。


事実、現在でもプロとして活躍している人の中には時間をかけて自宅などでプログラミングを学び、中小で内定を貰って数年後は大手ゲーム系企業に転職したゲームプログラマーも存在しますよ。


専門学校などで学ぶよりも断然難易度は高まりますが、しっかり勉強をして能力を高める事が出来れば「未経験だから無理」と言われる事は少なくなるでしょう。


むしろ全く別の分野で生きてきたにもかかわらず、途中で軌道修正して入社のために日々勉強してきたという経験は、慢性的な人材不足に苦しむゲーム業界で“ウケやすい”です。


まずはプログラミング言語の種類や特徴など、初心者でも学習しやすい教材を選びましょう。モノによっては数分間の動画内で分かりやすくレクチャーしてくれるサービスも出回っているので、貪欲に活用していきましょう。


学習内容が徐々に身に付いてきたら、簡単なアプリケーション作成も日々の勉強と並行して行いましょう。頭で分かっていても実際に働いてみるまで“ゲームプログラマーがどういう働きをするのか”は未経験者だとどうしても掴みづらいもの。なので、自分の手でいくつかのアプリやゲームを作って自信をつけてくださいね。そして何処に出しても恥ずかしくないほどのクオリティーを誇る成果物が出来たら、それを企業にアピールする事も忘れないように。



まとめ





いかがでしたか? このように出身校の種類によってゲーム業界に挑むための強みや各々の戦略は違ってきます。しかし「ゲームが好き」という熱意は応募者の誰もが秘めている気持ちです。なので他の人と差をつける意味でも、自己分析の段階で明確なキャリアパスを固めて、目標を達成するための努力を怠らないようにしましょうね。未経験者の方にとって、プログラミングは敷居が高いように感じるかと思いますが、最初は“背伸び”せず基礎的な知識を学び、毎日のようにプログラミング&コーディングを繰り返していけば必ず知識が身体に染みつきますよ。

この記事をシェアする
  • Twitter
  • facebook
  • はてぶ
  • LINE
一覧ページに戻る