1. ホーム
  2. コラム
  3. 新卒でゲームプログラマーになるための志望動機の書き方(履歴書)

コラム

新卒でゲームプログラマーになるための志望動機の書き方(履歴書)

みなさんがゲームプログラマーになろうと思い始めたきっかけはなんでしょうか?「小さいころからゲームが大好きでたくさん遊んできたから」というゲームに対する思いがきっかけでゲームプログラマーを目指している方が多いように感じられます。しかし、就職するにあたり「ゲームが好き」、「ゲームでたくさん遊んできた」という理由は、それだけをもって志望動機とはなりえません。そこで今回は、新卒でゲームプログラマーになろうと考えている人へ向けて、志望動機での注意点、また履歴書への志望動機の書き方を解説していきます。







ゲームプログラマーを志望動機にする時の注意点





それでは、まずゲームプログラマーを志望動機とする場合、どのようなことに注意していかなければならないのでしょうか。まず注意しておくべき点として、ゲームプログラマーとエンジニアは異なる職業だということを認識することが挙げられます。名前だけ聞くと同じ職種なのではないかと感じてしまいますよね。たしかに、ゲームプログラマーとエンジニアは、プログラミング言語を使用して何かを作り上げるという点で共通しているため、また、イメージが似ていることから混同されてしまいがち。しかし、その仕事内容を眺めてみると異なるものが見えてきます。エンジニアはゲーム開発にあたり、ゲームに使用されるBGMや背景の設定、キャラクターを動かすための設計書を作る仕事を担います。一方で会社にもよりますが、ゲームプログラマーは開発全般に関わることが多いです。企画立案の打ち合わせへ参加し、ゲームのジャンルやプレイヤーのターゲット層を絞るためのアイディアを出したり、仕様の決定や確認について仕様がけっていされる段階から携わることもあります。そして、メインの仕事である仕様書をもとにプログラミングも当然行います。やはり、仕様書という設計図を頼りにプログラミングを行い、その内容を実現していく立場にありますので、各制作段階における企画者のゲームに対するイメージをより具体的に共有しておく必要があります。このことからもゲーム開発全般に携わるということが納得できますね。


さて、ゲームプログラマーとエンジニアの違いを見たわけですが、ゲームプログラマーを志望動機にするにあたっては、制作全般に携わる仕事であると意識した上で考える必要があるでしょう。プログラミング業務だけに携わるのではなく、ゲーム制作全般に携わるとなると志望動機の内容もまた変わってくるはずです。また志望動機が、エンジニア向けの内容と混同していか確認するようにしましょう。





次に、ゲームプログラマーを志望する動機について、ただ単に「小さいころからゲームが好きだった」、「ゲームでよく遊んでいた」ということを挙げる人が多くいるので、ここは注意が必要です。これは志望動機と呼ぶことができません。ゲームが好き、よく遊んでいるというのはゲーム好きというゲームプレイヤーとしての目線といえます。また、ゲームが好きだということはゲームプログラマーを目指す人にとっては当たり前と捉えられてしまうことでもあります。なお、「ゲームが好きで様々なジャンルのゲームをプレイしたので知識が豊富にあり、会社に貢献していけるのではないかと思い志望した」というのも好ましくありません。業界で働いていく上で知識をもっているのは当然の常識と思われてしまいますので、志望動機としては受け入れられにくいといえます。



履歴書に書く時の例文を紹介





それでは、注意点について簡単に触れてきたところで、実際に志望動機を履歴書に書く時の例文を紹介していきます。まずは、良い例から見ていきましょう。



【良い例】


私はゲームの作成を通して、ユーザーのみなさんに充実した時間を提供していき、心のゆとりを届けることができる仕事を実現したいと思い、御社を志望しました。御社はスマートフォン向けゲームの作成に強みがあり、ゲーム中で数多くのシナリオを展開することによってファンを獲得していると感じます。プレイしていて思わず時間を忘れてしまうくらい夢中になるゲームをプログラマーとして開発することで、楽しい時間を作り出したいと考えています。


私の強みはコミュニケーション能力です。学生時代のコンビニ店員のアルバイト経験を通して身につけることができました。御社に入社してからもコミュニケーション能力を活かして、ゲームに携わる仲間と連携してお客様のニーズにお応えすることができるゲームを作成することで御社に貢献したいと考えています。



この志望動機からは、企業の強みがどこにあるのかという点について語られていることから、企業研究ができていることがわかります。また、そこから志望度の強さというものが伝わってきます。また、ユーザーにどのようなゲームを提供したいかという点に触れられていますので、ゲームプログラマーとして入社後のビジョンを持っていることがわかります。アルバイト経験を通して身につけたスキルを入社後にどのように活かして貢献していくのかという点についてもアピールされていて好印象をもつ内容になっているといえます。



【悪い例】




私は小学生の時からゲームが大好きで、いつかゲームを作る仕事がしたいと考え、御社を志望しました。小学生の時からたくさんのゲームで遊び、ゲームをプレイして多くのことを学びました。一人でゲームをしていても楽しい時間を過ごすことができますが、家族や友達とも一緒に遊ぶことで楽しい時間を共有することが出来ました。


ゲームを仕事にすることが出来れば、好きなものを職業とすることができることから、今後の楽しい人生につなげることができるのではないかと考えています。これまではゲームを楽しんでいた立場でしたが、これからは自分がゲームを作る立場になって楽しませたいと思っています。



この志望動機は、冒頭でゲームが好きだということが伝えられています。前述しましたが、やはりゲームが好きということを第一の理由として挙げてしまうと、好印象を持ってもらうことが難しくなります。ゲームプログラマーを目指すにあたって、ゲームが好きであるということはごく自然なことと感じられますので、アピール力が不足してしまいます。また、ゲームをプレイして多くのことを学んだと述べられていますが、どのようなことを学んだのかという具体的なことまでは語られていないのでインパクトに欠けています。また、ゲームプログラマーとしてどのようにゲーム作りに携わりたいか、入社してから会社でどのように働いていきたいかについて触れていないので、志望度が弱い印象を受けてしまいます。



まとめ





新卒でゲームプログラマーになるための志望動機の書き方について説明してきましたが、いかがでしたか。思わず、ゲームが好きだからゲームプログラマーになりたいという率直な気持ちを伝えてしまいたくなりますが、ゲーム業界に入りたい人間の多くがゲーム好きということから志望動機としては弱くなってしまいますので注意が必要です。また、ゲーム業界の中で数ある職種の中でも特にゲームプログラマーについては仕事内容を調べて、他の職種と混同してしまわないように理解しておく必要があります。そして志望動機を通じて、企業にゲームプログラマーになりたいと熱意が伝わるようにしていきましょう。

この記事をシェアする
  • Twitter
  • facebook
  • はてぶ
  • LINE
一覧ページに戻る