1. ホーム
  2. コラム
  3. 学歴不問?最近話題の気になるゲームプログラマーに就職

コラム

学歴不問?最近話題の気になるゲームプログラマーに就職

高学歴化が進む中で、大学進学は当たり前と考えている人が増えてきています。ゲームプログラマーという職業に就職したいと考えたときにも自身の学歴が気になる方もいますよね。ですが、ゲームプログラマーに就職するにあたり、学歴は絶対に意識する必要があるのでしょうか。また、学歴を意識する場合でも、どのような点に着目して考えるとよいのでしょうか。今回は、ゲームプログラマーに就職するにあたっての学歴に関するお話をしていきます。






ゲームプログラマーに学歴は必要か?





学歴は必要か?結論からいうと学歴は関係ありません。ゲームプログラマーの中には、高校を卒業して働いている人や大学を卒業、専門学校を卒業して働いている人など、学歴の範囲は広いものといえます。学歴の中でも、大卒だからこその強み、専門卒だからこその強みがそれぞれにあります。まず大卒の場合では、学部学科の種類を問わず、新卒で採用してもらえる企業が多いといえます。もちろん、情報系の大学に進学して、講義内でプログラミング言語を学び、習得している、趣味で独学をして学生時代にプログラミングの経験があるといった学生は企業から好印象を受けることにつながります。専門卒の場合も大卒と同様、新卒として採用してもらえる企業が多いです。特に専門卒の場合、ゲームを専門とした学校もありますので、企業の即戦力として期待を持ってもらえる可能性は大きいです。また、情報系の専門学校でも、プログラミングの経験があれば、大卒と対等に渡り合えるものといえます。


また、高卒でもゲームプログラマーに就職することができます。プログラマーは実力主義の仕事だからです。大卒や専門卒に比べると高校新卒の場合、経験に乏しい印象を受けてしまいがちですが、情報処理系の高校を卒業していることや、趣味でゲームのプログラミングについて独学をしていたなどの経験があると武器にすることができます。もちろん、高卒で業界未経験者を募集している企業もあります。未経験からゲームプログラマーとしての一歩目を踏みだす場合、はじめのうちは勉強することが多く、辛抱強さが必要になるかと思います。ですが、ゲーム業界に興味があり、ゲームプログラマーになりたいと考えている人は強い意志をもって挑戦すれば、学校を通して学ぶよりも本物の現場で働きながら学ぶことができますので、貴重な経験を積み上げていくことができるのではないでしょうか。


なお冒頭で、ゲームプログラマーになるためには学歴は必要ないと結論づけていますが、企業によっては、どうしても新卒、また未経験の中途を採用する場合にキャリアでの優劣をつけることが難しくなるため、選考要素のひとつになる可能性があることには注意が必要です。とはいっても、ここまで見てきた通り、基本的には学歴を重要視しているゲーム業界の企業は少ない傾向にありますので、ゲームプログラマーになるにあたって学歴を強く意識する必要はありません。



専門卒と四大卒ではどちらが有利か?





ゲームプログラマーに学歴は必要ないとお伝えしましたが、専門卒と四大卒という学歴があった場合、就職にあたりどちらが有利になるのでしょうか。専門卒と大卒にはそれぞれに強みがあり一概にどちらが有利か判断をすることは難しいですが、専門卒の場合と大卒の場合に有利となる特徴をおさえていきましょう。



専門卒が有利


専門卒が有利となる場合としては、ゲーム制作に特化した専門学校に通っていることが挙げられます。新卒の場合、企業は学生に対して即戦力となる人材を求めて採用を行うことは極めて稀です。実際に採用してから研修等の教育を通して、徐々に即戦力となる人材へと育てていくことが一般的です。しかし、本当であれば企業としても新卒採用する場合においても、少しでも生産性を上げたいのが本音のところといえます。そこで、ゲームという専門分野を重点的に学んできた専門卒の存在が大きいものとなります。プログラミング言語やプログラミング、CGなどの分野について入学時から学んでいくことになります。また、ゲームに特化した専門学校では、ゲーム作成の現場に近い環境で学ぶことができることや、就職や基本情報技術者等のITに関した資格取得を目的とした実習がメインとなるため、新卒であっても即戦力としての期待を持ってもらいやすい、つまり有利性があるといえます。また、在学中にゲームに関する課題を作成し、提出することがあった場合に、自分のアピールポイントを持つことができるという点でも有利性がありそうです。



四大卒が有利




四大卒の場合、ゲームに特化したカリキュラムを備えた学校は非常に少ないです。ゲームプログラマーへの就職を意識して大学を選ぶ場合には、もちろんゲームの分野を学科として設置していることを基準に考える人もいるはずです。しかし、そこにこだわってしまうと、将来について視野を狭めてしまうことにつながりかねません。では、ゲームに特化した学科を設けていない四大卒に進学した場合、ゲームプログラマーへの就職にあたり有利になることはないのかと不安に思う方もいるでしょう。ですが大丈夫です。四年制大学でゲームの分野を専攻していない場合でも十分に有利性はあります。大学によっては情報系の学科を設けているところがありますので、そこに進学した場合には、ゲームプログラマーとして働く上でマストとなるプログラミング言語を学び、プログラミングを経験するチャンスがあります。就職してからプログラミングの基礎から学ぶより、事前に基礎的な部分を習得している学生を企業は好意的に受け入れます。また、それに加え、四年制大学の場合、必修科目として一般教養を学ぶことになりますので、専門知識だけでなく社会人としての最低限の知識を習得する機会も確保されている点で有利性があるといえます。



四大卒行くならどのコースで学ぶ?





前述しましたが、四大卒でゲームという特化した分野を集中的に学ぶことができる学校は少ない現状にあります。では、そのような専門的な分野が設けられていない四年制大学の場合、どのような学部学科(コース)を選べばよいのでしょうか。ゲームプログラマーになるための、知識や技術を学ぶことができる学部で代表的なものとして、情報学部や理工学部があります。さらにこの学部の中で細かく分かれていきます。たとえば総合情報学科、情報メディア学科、コンピュータ応用学科、情報デザインコースなどがあります。大学によって、いろいろな名前が付けられているので、困ってしまいますね。ですが、学部学科を選ぶ際の基準として、何を中心に学ぶことができるのかを確認しましょう。とくにゲームプログラマーを目指していくにあたっては、IT技術やプログラミングに関する知識を学ぶことができ、また実践をすることができるのかという点を基軸として意識するようにしてみてください。また、情報学部や理工学部と聞くと、いかにも理系だなって感じた人がいるかもしれません。文系の学部学科でも講義科目の中には選択科目といって、自由に講義の科目を選択することができますので、講義内容を確認しながら、情報系の科目を選択していくとよいでしょう。また、文系として英語力や言葉や文章での情報伝達能力も必要となってきますので、文系ならではの強みを活かしながら情報系の分野についての学びを進めていくとよいですね。




まとめ





いかがでしたでしょうか。今回は、ゲームプログラマーに就職するにあたって気になる自身の学歴に関して紹介してきました。たしかに、専門性の高い職業ではありますが、就職するにあたり求められる学歴はないことが伝わったのではないでしょうか。高学歴化する中において、みんなが大学に進学しているから自分も進学しないとゲームプログラマー(なりたい職業)に就くことができないと思わず、考えてしまいがちになっていた人もいたかと思いますが、やはり、学歴という形式的な面よりも、「どこで何をいかに」学んできたかが重要になります。

この記事をシェアする
  • Twitter
  • facebook
  • はてぶ
  • LINE
一覧ページに戻る