1. ホーム
  2. コラム
  3. 新卒でゲームプログラマーになるための志望動機の答え方(面接編)

コラム

新卒でゲームプログラマーになるための志望動機の答え方(面接編)

前回は、新卒でゲームプログラマーになるための志望動機の履歴書への書き方について解説しました。「ゲームが好き」、「ゲームを作ってみたい」という漠然とした理由では志望動機として弱く、他のゲーム関連の職種でもよいのではないかと思われてしまう可能性について触れ、「なぜゲームプログラマーなのか」とこだわりを伝えることが大切だとお伝えしました。今回はその続きの面接編です。履歴書に書いたことを面接で言葉にして伝えるとき、どのようなことを意識したらよいのでしょうか。面接での志望動機の答え方について解説していきます。







志望動機が曖昧は注意





「ゲームが好き」、「ゲームを作ってみたい」という気持ちは、ゲーム作りに携わるゲームプログラマーとして働いていく上で基本となる大切なものです。きっと、この素朴な気持ちがきっかけとなり、ゲームプログラマーという職業に出会い、就職してみようと考えるようになった人が多いのではないでしょうか。しかし、ゲームが好きだから、作りたいから、ゲームに関わりたいからという気持ちを単純に志望動機として伝えることは注意が必要です。一体なぜでしょうか。一言でいうと曖昧な表現は面接官に嫌われてしまうからです。ゲームプログラマーになりたいと考えている就活生の大多数はゲームが好きで、ゲームを作りたいと思っています。ですので、面接官の目から就活生は全員同じように見えてしまいます。面接官の目を引くためにも他の就活生といかに差別化を図ることができるかが重要となります。では、志望動機の曖昧さをなくし、他の就活生との差別化を図るためにはどうしたらよいのでしょうか。志望動機で具体的な表現をするには、応募する会社への志望度を伝えること、そして「なぜゲームプログラマーになりたいのか」という2点に着目するとよいです。





応募する会社への志望度がどのくらいあるのかということは面接官が注目しているところでもあります。また、自分がどうしてこの会社に就職したいのかを深く掘り下げていけば、会社の特徴をとらえることができ、志望動機が曖昧になってしまうことも自然と回避することができます。企業研究をして面接に臨めば、面接官にもあなたの志望度の高さが伝わることになりますし、そして何より志望動機を明確にすることができます。そしてもう一つ、「なぜゲームプログラマーになりたいのか」という点を明確にすることは、あなたの個性を出すことになりますので志望動機の曖昧さを無くすことができます。「ゲームが好き」という気持ちから始まり、ゲーム業界の中にもゲームデザイナーやプランナーなど様々な職業が存在していますが、その中で「なぜゲームプログラマーなのか」ということを強く伝えることが大切です。ゲームプログラマーがどのような仕事をしているのかを理解しておかなければならないこともそうですが、目指すにいたった背景を固めておく必要があります。この背景というものは、あなたしか体験していないことですので、個性をだすことができ、志望動機の内容も具体的なものにつながります。「ゲームが好き」、「ゲームを作ってみたい」だけだと曖昧ですが、その気持ちに対して、自分が「なぜそう思ったのか?」と自問自答してみてください。得られた答えはあなたしか持っていないものですので、あなたの個性ある志望動機になります。
どうしても曖昧になってしまいがちな志望動機も、まずはこの2点に着目して企業研究、簡単な自己分析を行うことで、具体性をもった内容につなげることができ、面接官にも好印象を与えることができます。



履歴書との整合性(ズレがないか)を確認する





曖昧な志望動機が面接官から嫌われてしまうことはその通りですが、もう一つ意識しておくべき大切なことがあります。それは「履歴書に書いてある志望動機と面接で言っていることの整合性をとる」ことです。履歴書に書いた志望動機と実際に面接の場で面接官に伝える内容が矛盾しているとマイナスの印象を与えてしまいます。面接官からは、少なからず「これは作ってきたな」と思われてしまいかねません。履歴書に書いてあることを一字一句話すのは暗唱しているだけとなり、面接官の心に響かないものになってしまいます。しかし、書いてある内容と異なることを回答した場合、一貫性がなく評価が下がってしまいます。それを防ぐために大切になるのが「面接で話す内容と履歴書との整合性(ズレがないか)を確認する」ことです。履歴書は書いて提出すれば役割が終わるわけではありません。面接の際の基本情報となりますので、提出した履歴書をもとに面接の練習を進めていく必要があります。白紙の状態で志望動機の回答を練習していくと、履歴書の内容と食い違う点が出てくることがあります。履歴書と連動させることが大切です。最初は履歴書を見ながら自分の言葉にして伝える練習をしましょう。履歴書を見ずに練習するようになっても、必ず書いた内容と整合性がとれた回答になっていたか確認するようにします。これを繰り返し、履歴書の内容をベースとした回答することを練習で心がけていけば、本番でも履歴書の内容と大きくズレることはなくなります。





とはいっても、面接という独特の雰囲気の中で緊張しながら志望動機を答えようとしたとき、準備してきた言いたいことをど忘れしてしまうことだってあるでしょう。履歴書に書いたことを忘れてしまったと慌ててしまいます。そのような場合は、志望動機として自分のベースとなっている考え方、またはキーワードを思い出して伝えるようにするとよいでしょう。履歴書に書いた内容をもとに自分の言葉で答えることで一貫性があると判断されることは、もちろんですが、内容を忘れてしまった場合でも、関連性がある内容で伝えれば、ズレを小さくすることができます。万一、ど忘れしたとしても志望動機の内容が大きく異なったものを伝えることが決してないように、履歴書をベースに面接での回答を練習するようにしましょう。面接当日まで練習ができるように、履歴書を郵送で送る前に必ずコピーをとっておくことを忘れずに!


また、志望動機が変わることは少ないと思いますが、履歴書を提出した後に志望動機が変わってしまった場合ですが、面接で志望動機を答える際に、「履歴書には○○と書いていますが、現在は□□という思いが志望動機となっています。」とひと言補足をいれてから話し始めると問題ありません。志望動機が変わったことを伝えずに、今の志望動機を伝えてしまうと当然履歴書に書いてあることと言っていることが合致しませんので、念のため注意しておきましょう。



まとめ





今回は、新卒でゲームプログラマーになるための志望動機の答え方について(面接編)としてお話してきました。自分の素直な気持ちを志望動機として面接官に伝えることは大切ですが、やはり内容を無視することはできません。漠然とした「ゲームが好き」、「ゲームを作りたい」という気持ちも「なぜ好きなのか?」や「どんなゲームを作りたいのか?」という一つの問いかけで、具体的な内容へと変わっていきます。面接官もあなたの気持ちを詳しく知りたいはずです。また、面接官は履歴書をもとにあなたの情報を得ています。その情報と面接で伝える情報にズレが生じることがないように、履歴書をベースに確認しながら練習して本番に臨みましょう!

この記事をシェアする
  • Twitter
  • facebook
  • はてぶ
  • LINE
一覧ページに戻る