1. ホーム
  2. コラム
  3. 中小企業から大手有名企業へ。ゲームプログラマーで就職(転職)

コラム

中小企業から大手有名企業へ。ゲームプログラマーで就職(転職)

慢性的な人材不足に苦しんでいるゲーム業界。その中で制作における重要な役割を担っているゲームプログラマーは、“ゲーム作り”を熱望する就活生に人気の職種の一つです。ですがいくら人手が欲しい業界だからといって、「ゲームが好き」という気持ちだけで大手に挑むのはリスクが高い…。毎年、新卒採用で大手のゲーム系企業ばかりを狙い失敗し続ける就活生も多数散見します。しかし「どうしても大手入社を諦め切れない」という人も大勢いる事でしょう。実は、最初に中小で経験を積んだ人が大手に転職するなんてケースは意外と多いのです!







若い段階から大手に就活して失敗する人が多い





ゲーム業界に限らず他業種を含めた就活の風景では、多くの学生が第一志望に大手企業を掲げがち。もちろん飲食やサービス、インフラ系だろうと応募した企業に適した将来性ある人物ならば一発で選考を通過する事も珍しくありません。しかし、ゲーム業界に属する大手企業では他の仕事と違って新卒に求める条件が割と厳しめなのが特徴的です。


というのも、ゲーム系企業の採用活動で重視される要素には“希望職種に関する実務含めた経験”や“業務を十分に行えるほどの能力”が挙がりますが、大手ですとこれ以外に“高学歴”が付け加えられます。誰もが知るような有名ゲーム会社(主にパブリッシャー)は大概が日本を代表する一部上場企業であり、そこへ未経験の新卒が入社するには「ゲーム好き」「アプリ・ゲームの開発経験あり」じゃ足りないのです。現に大手有名企業での採用実績を覗いてみると、そのほとんどが偏差値高めな難関大学の名前で連なっており、“一般大学”が入り込む隙はほぼ皆無と言えます。

残酷な事を言うようですが、夢と希望に満ちたゲーム系企業では学歴フィルターによる足切りが普通にあるのです。後付けのフォローみたいになってしまいますが、規模の大きい全ての企業が学歴で判断するわけではないので悪しからず…。


ともあれ、学歴の高い壁によって多くのゲーム好き就活生はお目当ての企業で就職する事を諦め、しぶしぶ別分野の企業で働くのが多い。しかし最初の内で大手に挑むのが困難でも、年齢と共に経験やキャリアを積んで大手に挑むのは“アリ”です。



【まずは雇用形態にこだわらず中小で成長しよう】


経験豊富…というわけでもなければ業界で勤めた実務経験も無し、学歴も平均的で正直他のゲーム好きな就活生と変わらない。そんな状態で大手に挑むのは無謀に近いと上記で話しましたが、かといってもう一度大学受験をするわけにもいきませんよね。ならばどうすれば大手企業に入社する事が可能になるかというと、ゲームクリエイターとしての自身の市場価値を上げて“将来的に”挑む道が考えられます。要するに「下積みを経験して自信が持てたら転職してみては?」という話です。


現在、大手企業で仕事をしているゲームクリエイターは大勢いますが、規模の小さめな企業でノウハウを一から学び、開発や売り上げといった実績を作ってから大手に転職した人も多く含まれます。



これを読んでいる人は「たとえ中小企業の採用でも経験がものを言うのではないか?」と感じるかもしれませんね。確かに中小では十分な教育期間を設ける事が少なく、即戦力欲しさに新卒よりも中途採用に注力しがちなのは事実。しかしそれは正社員採用の話であり、ゲーム開発に全く疎い状態ならば、最初は開発・デバックのアルバイトでスタートしましょう。


アルバイトならば既存のクリエイター達のように難易度の高い業務を担わされる事は早々ありませんし、比較的時間に余裕が生まれやすいので「希望する職種で何が求められるか」の勉強もしやすくなります。そこから次第に仕事を覚えていけば所属する企業で正社員にステップアップする事も狙えますよ。“最終目標は大手への転職。とにかく今は経験を積んで成長したい”と考えるなら、アルバイトを募集している中小に目を向けてみましょうね。



【プログラミングだけじゃ仕事は出来ない】


ただ、勘違いしてはならないのが「開発のスキルさえあればどこでも通用するだろう」というのは間違いだという事。ゲームプログラマーとしての役割を任されるわけですから、C言語(C++やC#)への理解やコード引き、各アプリツールの操作が出来るというのは当たり前の話であり、自分の業務のみに集中するタイプは信用されづらい。ゲーム開発はプログラマーの他にもプロジェクトマネージャーを筆頭にプランナーやデザイナーといった多種多様な職種と関わる事で実現するものであり、チームで問題無く意思の疎通が図れるかどうかが大事になっていきます。まぁ社会人ならばコミュニケーション能力は必須ですよね。“関わる相手との繋がりを大事に出来るかどうか”これがゲームプログラマーとして生きていくために必要となるスキルとなりますよ。


そして、時代の推移やトレンドによって開発で求められるアプリツール(Unityなどのゲームエンジン)や開発言語は変わっていくもの。既存の技術ばかりに固執してしまい、最先端の情報やテクノロジーに触れたり吸収出来ないゲームプログラマーは“どっちつかずでツブシが効かないクリエイター”と判断されてしまいます。「生涯勉強」とも言いますし、業務に関わるものから自分に関係の無いものまでを柔軟に取り入れられると、ディレクター職への昇格も可能になってくるでしょう。



年齢別のゲームプログラマーの平均年収





ここからはゲームプログラマーの平均年収を年齢に分けて紹介していきましょう。ゲームプログラマーに関わらずゲーム業界で活躍するクリエイター・エンジニアの給与は一般職に比べて若干少なめなのが印象的。「好きな事を仕事に出来ている」わけなので“高望み”しない人もいらっしゃいますが、納期前の残業や泊まり込みが多発に度重なる仕様変更とそれを補うためのコーディングなど、あまりにも報酬に見合わない苦労が多いので、働いた後でギャップを感じないようにここで再確認しておきましょう。


まず全体的なゲームプログラマーの平均年収は約460万円(中小勤め)ほどとされており、上場している企業だと700万円クラスを記録しています。


そして年齢と性別でプログラマーの年収を分けてみると、20代前半の男性女性で312万円:299万円。20代後半では413万円:364万円。そして30代前半で442万円:403万円ほどと算出されております。女性に比べて男性の方がやや高めに貰っているのは、将来管理職に就くかどうかが要因に絡んでいるのです。ですが、こうして平均年収を出してみて感じるのは、やはり「技術職として十分な金額を貰っていないのではないか」という点ですね。上記の数字はあくまで中小での話なので、現状の年収に満足出来ないとなったら、大手に転職して年収アップを狙うのも悪くないでしょう。



まとめ





いかがでしたか? ゲーム業界での新卒採用は学歴の壁や経験の有無でハードルがぐんと上がってしまいますが、クリエイターとして引く手数多な能力・実績を獲得出来れば大手に転職してビッグプロジェクトに関わる事も夢じゃありません。まずは「将来、自分がどんなキャリアを歩みたいか」を明確にして、中小企業でプログラマーとしてのスキル磨きに励みましょう。もちろん中小でも新卒採用の難易度は高めなので、全く経験の無い人はアルバイトから始めてみてはいかがでしょう?

この記事をシェアする
  • Twitter
  • facebook
  • はてぶ
  • LINE
一覧ページに戻る