1. ホーム
  2. コラム
  3. 新卒でゲームプログラマーになりたい。まずココを知るべき

コラム

新卒でゲームプログラマーになりたい。まずココを知るべき

狭き門と囁かれるゲーム業界の新卒採用。毎年多くの学生が「ゲームクリエイターになりたい」と各ゲーム系企業の新卒採用に応募していますが、どの職種もゲーム開発の専門職なため、それ相応の努力と準備が無ければ選考を通過出来ません。今回はゲームクリエイターの一つであるゲームプログラマーになりたい人向けの情報を発信していきましょう。





まずはプログラミングから知る





まずゲームプログラマーになるには、プログラミングに関する情報や経験をある程度持っていなければなりません。一般的に他業種の新卒採用では「志望企業や業務には理解があるけど全くの未経験…」という人でも志望度や熱意、学生の人柄や仕事そのものへのマッチ度が高ければ、たとえ未経験でも大いに歓迎されます。ほとんどの就活生はアルバイトの経験があっても社会人経験は皆無に等しいので、最初の内からキャリアのある実力者並みの実力を求める企業はあまり無いですしね。まぁ、“弱肉強食”の感覚が強い外資系企業や即戦力を求めがちなベンチャー企業の正社員募集では逆にあり得る話ですが…。


しかし、ゲーム業界における新卒採用ではこの点は割と厳しく、社会人経験の無い就活生相手でも応募の時点で“それなりのポテンシャル”を企業に示す事が出来なければ、正社員の新米クリエイターとして華々しいデビューを飾る事は困難といえます。



「なんで? 厳しすぎない?」と素直に思うかもしれません、当然ですね。ですがちゃんとした理由が存在します。ゲーム系企業でも他の会社と同じく大手や中小にベンチャー企業と規模が大きく違います。そして国内の大多数を占めるゲーム開発企業は中小です。ちなみにゲームの企画・販売を手掛ける企業は「パブリッシャー」、ゲームの企画に実質的な開発業務を請け負うのが「デベロッパー」と言われています。またパブリッシャーの中でも自社タイトルを企画し開発するところもありますよ。


事業の流れとしては「〇〇なゲームを作る」と企画したパブリッシャーがデベロッパーに開発を依頼し、期限内に出来上がった作品をパブリッシャーがPR・販売する形になるわけです。なので、世間的にはパブリッシャー企業の名前はCMなどで知れても、あまりデベロッパー企業の名前を知れる場面は多くありません。





「自分の手でゲームを生み出していきたい」と考えるクリエイター志望者の多くはこのデベロッパー企業に向かいますが、デベロッパーは大概が中小企業。しかしデベロッパーは大手の有名パブリッシャー企業とは違って潤沢な資産を持っているわけでも大勢の社員を抱えているわけでもありません。なので就活でも大手に比べて採用枠がそもそも少なく、新人に十分な教育を施す余裕が無い場合もあります。近年のクリエイター募集ではOJT含めた研修期間を設けるところも徐々に増えてきましたけどね!
そんな背景もあってか、中小やベンチャークラスのゲーム系企業では早い段階ですぐに仕事をしてくれる“即戦力”を求めており、スキル不十分な人が内定を勝ち取るのがなかなか難しいのです。大手のパブリッシャーでは学歴の壁がありますが未経験でも入れる可能性があり、逆にデベロッパーだと「学生時代にアプリ・ゲームを作った」「膨大なデザインを手掛けてきた」という経験が無いと能力的な判断を下す事が厳しい。これが“狭き門”とされる大きな理由ですね。


そのため、本気でゲームクリエイターになりたいのならば、何も知らない何も経験していない状態で臨むのではなく、ある程度の実力を身に付けてから就活に挑んだ方がいいでしょう。たとえゲームに対して熱い気持ちやこだわりを持っていても、同じ気持ちを抱いて高い能力を持っている他の就活生を企業は採りたがります。



開発の分野によって言語は異なる


「たとえ未経験者でもゲームプログラマーになりたい」。そう希望するのならば業界・企業研究や自己分析と並行してプログラミングの勉強を日常的にしていきましょう。しかし初心者がプログラムを理解するには約1000時間ほど要すると言われていますが、ただ闇雲にプログラミング言語を学べば良いというわけでもありません。プログラミング言語は種類が豊富ですが、モノによって使用する環境は変わっていくのです。そもそもプログラミングとは“PCに指示を出す行為”であり、実行してほしい動作に合わせて言語を使い分ける必要があります。



Webサイトを作る際は「HTML」や「CSS」でWebアプリでは「Java」というように、用途次第で言語は大きく違ってくるのです。
ゲーム開発でもそれは同じであり、コンシューマやPCゲームをメインとするならば「C++・C#」が基本で、ブラウザゲームやスマホアプリでは「JavaScript」「Ruby」が求められます。


就活を進めていく中でプログラミング言語をまず覚える事が重要になりますが、自分がどの分野で活躍したいかを明確に出来ていなければ学ぶべき言語はハッキリしません。それに個人差はありますが、プログラミング言語は習得の難易度や掛かる時間はそれぞれ違ってくるので、早めに取り組むようにしましょう。



プログラミング言語を効率的に学習するには?


ゲームプログラマー志望者は独学や民間スクール、ゲーム系専門学校に入学するなど学習方法に違いはありますが、なるべくなら独学はオススメしません。なぜなら講師はおらず自分一人で書籍やオンライン講座と睨めっこをする事になるので、全く経験の無い場合だと実践的なスキルが身に付きづらいどころか、疑問点が浮かんでも解決は自分だけでしなければならないので挫折しやすいです。



ゲーム系専門学校では入学や学習に掛かる費用が高く、約2~3年在籍しなければならないのがネック。もちろんプロとして現役で活躍する人が講師となってくれるだけでなく、業界で活かせる技術や知識を無駄なく吸収出来るのはメリットですけどね。しかし社会人ですとカリキュラム次第では会社を辞めてバイトしながら通わなければならないので、入学もよく考えてくださいね。



そして民間スクールは1ヶ月から半年でも能力を身に付ける事ができ、専門学校よりも安めに費用を押さえる事が出来ます。ただ教えられるのはあくまで“プログラミングのみ”なので、ゲーム系に関する情報はプライベートで補いましょう。民間は社会人でも通いやすいように土日や夜間でも学習可能となっているので、早期的に実力をつけたい人には向いていますね。



作品をつくる





またゲーム系企業の選考過程では、自分の実績を相手に見せる事が必要になります。学生時代や前職で培ったスキルを基に、アプリやサービスにイラストなどの成果物・ポートフォリオを複数作るわけです。会ったばかりで実務経験の無い人間に企業は仕事を任せるわけですから、自分の実力を相手に納得させるに足る“力作”を披露しなければなりません。


なのである程度のプログラミングやコーディングが可能なレベルに達したら、独自にアプリゲームを作ってみるといいでしょう。過去の就活でも別分野を志望していながら途中でゲーム業界に軌道修正した学生が、自宅でアプリを作ってみて完成作品を配信。その内容が企業にウケて採用に至った、なんて話もあります。


“成果物”といっても何も商品化出来るほどのクオリティーを求めているわけではありません。その作品を生んだスキルが自社のゲーム開発に活かせるかどうかの判断材料にしたいだけなので、あまり思い詰めないようにしましょうね。



・企業からほしいと思われる人材になる





ここまでゲームプログラマー志望の未経験者が就活で行うべき事について触れていきましたが、スキル面の自己研鑽は大事ですが、忘れてはならないのが“企業に「この人に働いてもらいたい」と思わせる”事。たとえ多忙で専門性に富んだゲーム業界といえど、多くの企業はただ労働力を欲しているわけではなく、心地よく一緒に働いていける仲間を募集しているわけです。特にゲーム開発では各分野毎に数人のチームを組んで他の職種と連携して動いていかなければならないので、この気持ちは割と強め。
相手が仕事をテキトーにこなしていたり、会話の数も少なかったり態度もぶっきらぼうだと「一緒に働きたくないなぁ」と感じますよね? それと同じで、たとえ目を引く能力を持っていても社会人として信用ならなければ「仕事を任せたくない」と思わせてしまいますし、転職でも気掛かりな点として取り上げられます。


裁量労働制で自由な動き方が印象的なゲーム業界でも仕事に対して実直で、立場や職種に関係なくどんな人とも隔たりなくコミュニケーションを取れる人でないと、ゲーム業界で働く事は厳しいですよ。


そして言うまでも無く「ゲームが大好き」だという気持ちを失ってはいけません。プログラマーに限らずプランナーやデザイナーといったゲームクリエイターは、状況によっては給与や待遇に休日を犠牲にして働く事を余儀なくされます。それでも素晴らしいゲームが今でも多くリリースされているのはなぜかというと、従事している誰もが自分のモノづくり精神と携わる作品に誇りを持っているからです。この業界ではお金よりもやりがいを追求する人が多いわけですから、たとえ大変でも「大好きなゲームを作るため頑張ろう」と思える人を企業は求めています。



まとめ





ゲーム好き“だけ”では務まらない過酷なゲーム業界。特にキャラクターモーションやBGM・SEの挿入など、ゲーム作品の動きやシステム動作を手掛けるゲームプログラマーは、新卒の立場でも覚える事がたくさんあります。そして採用の場面でもプログラミング未経験者は応募に入る前に一から専門知識を蓄え、毎日のようにコードを書いてプログラムを体系的に理解しなければならないでしょう。そしてソーシャルゲームや家庭用ゲームなど活躍の場は多いですが、自分がどんなゲームを作っていきたいのかを明確にし、そこに適した言語を学ぶようにしてくださいね。

この記事をシェアする
  • Twitter
  • facebook
  • はてぶ
  • LINE
一覧ページに戻る