1. ホーム
  2. コラム
  3. ゲームプログラマーになるための不安の解消法

コラム

ゲームプログラマーになるための不安の解消法

IT関連の発展に伴い、世界ではWEBやゲーム業界で活躍する人たちも増えています。


反面、ゲーム業界での人手不足も深刻化しています。その中で、「自分の手でゲームを作ってみたい」と思う方や「ゲーム関係の仕事に就きたい」と考えた方も多いはずです。


特にゲームプログラマーという職業はゲーム好きの人には大変人気のあるお仕事です。


しかし、いざゲームプログラマーになるために、就活をしようとしているものの、必要な資格やスキル、スキルの身に着け方など、様々な不安からその一歩を踏み出せないでいる方もいらっしゃいます。


ここではゲームプログラマーになるための不安の解消法をご紹介いたします。






どのレベルまでスキルを磨けばよいか





ゲームプログラマーとして就職する際、「必ず取得しなければならない資格」というものはありません。


未経験のアルバイトなどを募集する企業も徐々に増え始めていますが、やはりスキルを取得していると就職の際に他の人よりも有利になることは確かです。


ここでは、どのレベルまでスキルを磨けば良いのか、また就職の際に有利になる資格などをご紹介致します。



基本情報技術者


ゲーム業界に限らず、専門知識を要する企業においては、
現場では専門用語が飛び交う世界になります。


未経験として業界に入ることはできたものの、周りについていけない...と悩んだり、途中で挫折してしまった。という方も中にはいます。


プログラマーとして就職するのであれば、ある程度のプログラム能力が必要になります。


特に未経験からゲームプログラマーを目指す場合は独学で知識を身に着ける必要があります。



ITパスポート


プログラマーという職業は「情報処理能力」が必要不可欠です。「情報処理」をするという点ではITパスポートの資格習得も大きな武器となります。


エクセルやワードなどのOffice系やパソコンの操作としての知識ではなく、セキュリティや機器に関する基礎知識、パソコンの仕組みや
その中身について基礎から学ぶことができます。


就活において貴重なアピールポイントになります。



英語力


プログラミング能力だけあればゲームプログラマーとしてやっていける。そう考えてる方も大勢いるはずです。


しかし、実は英語力も重要視される職種であることも事実です。


ITやWEBだけでなく、ゲーム業界においても、最新技術の導入は欠かせません。


システムや技術に関する資料などの記載の多くは英語です。大手の企業になるほど、英語力というものはプログラミン能力と同じくらい、重要なものになります。



コミュニケーション能力


「ゲームを作る」というのは作る人ひとりだけではありません。
デザイナーやクリエイターとの連携、企画など、チームで行うことがほとんどのため、協調性や意思疎通ができる力が必要になります。


社会人として当たり前の能力だと思われがちですが、一番重要なスキルになるとも言えます。



独学でスキルを身に着けるには





すでに就職している方で、養成学校などに通う時間がない方は、
独学でスキルを身に着けなければなりません。


独学でどうのようにスキルや知識を身に着ければいいのかさえ、わからない方がいます。


ここでは中途の方でもスキルを身に着けることができる方法をご紹介いたします。



学習サイト


現在ではインターネットで多くのことを学ぶ機会がありますが、
独学で学ぶ際も、スマホやパソコンひとつで学ぶことが可能です。スマホやノートPCの場合、時間や場所を気にせず学習することができるので、非常におすすめできる勉強法といえます。


中には初心者向けの無料サイトなどもあるため、自分に合った学習サイトを見つけることで、モチベーションにも繋がります。



動画で学ぶ】


高い参考書を買ったけど、そもそもの基礎知識がわからない場合や、本を何度も読んでいるけど頭に入ってこない(または読み続けるのが難しい)などアナログでの勉強法が難しい方はサイトで提供している動画で学ぶことをお勧めします。


目と耳で学ぶことができるため、情報が頭に入っていきやすいという点と大きな学習サイトであれば、学習教材も非常に豊富で自分のわからないところをすぐに補えるという点が特徴です。



まとめ





いかがでしたでしょうか。


独学、オンラインスクール、養成学校など様々な学び方や場所がありますが、「ゲーム好きであること」と、「取り組む姿勢」の大切さは、すべてにおいて共通します。


また、ゲーム業界などにおいては、やる気や知識などの他にも
「なにを作れるか」という技術面で非常に大きく評価される場合もあるため自作のゲームを企業側に見てもらう。ということも非常に大事になってきます。


独学でも学ぼうとする姿勢さえあれば未経験だとしてもゲームプログラマーとして働くことは可能です。


不安から、学ぶ機会がないという方は、当記事を参考にしてみてください。

この記事をシェアする
  • Twitter
  • facebook
  • はてぶ
  • LINE
一覧ページに戻る