1. ホーム
  2. コラム
  3. 未経験の新卒対象。ゲーム業界のプランナーの選考に受かる志望動機の書き方

コラム

未経験の新卒対象。ゲーム業界のプランナーの選考に受かる志望動機の書き方

世の中には星の数ほどゲーム作品が存在しますが、それらが「面白い」と評価されるかどうかは、企画や改善策の提案、内容の深堀りを担当するゲームプランナーの手にかかっていると言っても過言ではありません。そのためゲームプランナーはゲーム好きの就活生からの注目を集めやすいです。そんな人気職に就きたいと考えている人でも、「どうすればプランナーの選考を通過出来るのか?」と悩んでいる事でしょう。そんな方達を対象に、本稿ではゲームプランナーの志望動機について解説をしていきます。





ゲームプランナーの仕事内容とは?




さて、今回の記事を読んでいる方の多くは「ゲームが大好きで仕方ない」という気持ちを抱いている学生さん達だと思いますが、初めにゲームプランナーとは何かについてお話していきましょう。
ゲームプランナーとは“プランナー”と冠しているだけあって、ゲームを制作する上で重要な「どんな内容に仕上げるか」「どんな内容がユーザーの心を打つか」「どんなシステムが売り上げに繋がるか」などの要素を企画立案していく仕事となります。



一昔前ではアーケードゲームや家庭用ゲーム機(コンシューマ)でのプランニングが主でしたが、現在では国内外で大規模な盛り上がりを見せるMMO、スマホの普及によって老若男女問わず浸透してきたソーシャルゲーム(以下:ソシャゲ)が加わり、本格的な開発を行うゲームプログラマーやゲームデザイナーと同じく、ゲームプランナーの活躍の場も拡大傾向にあるのです。
冒頭でも軽く触れましたが、プランナーの腕次第でゲームの売り上げや先行き、ひいては企業のブランドにも影響が出てくるので、責任は大きいですけど人気タイトルを生み出す事が出来れば、自身の実績も同時に華やかになるので、ゲームを愛して止まずクリエイティブな働き方も求める人にはオススメの職業と言えますね。



企画力だけではやっていけない職業


しかし、いくら企画力に自信があったとしても「自分が面白いと思うゲーム」と「他者が面白いと感じるゲーム」が同じとは言えません。せっかくキャラクターや世界観、斬新な物語を追求しても、その案が滞りなく通過するケースは稀。腕利きで業界内で名の知れたプランナーでも、企画の段階でトライ&エラーを繰り返し、何度目かのアプローチでようやく企画がモノになるわけです。
そしてシビアな事を言ってしまうと、ただ面白いだけでゲーム開発は行えません。ゲームを制作・販売し次に繋げていくためには“利益”を視野に入れていかなければなりません。
人々の生活の一部になっているともいえるソシャゲも、基本プレイが無料なのがほとんどなので当然売り上げを上げていくには“課金システム”が必須となります。



コンシューマでも近年では、シナリオ展開やコスチュームなどの拡張要素にDLCを入れ込むなどの工夫が目立つようになりましたね。このように「ゲーマーにウケつつ、利益を伸ばすにはどんな取り組みをしていくべきか」を考えていくのも、ゲームプランナーの仕事の領域に含まれます。
それだけでなく、ゲーム産業は技術やトレンドが日進月歩で変化していく世界なので、限られた分野に固執しているようではすぐに他の企業に追い抜かれてしまいます。それはゲームプランナーも同じであり、たとえ企画がヒットしたとしても同じテイストでは飽きられる可能性も大きくなっていくので、日々ゲームに関する最先端の情報を研究・分析して、自身の“糧”に出来る柔軟な姿勢が求められるでしょう。



プランナーとしてどんなキャリアを目指す?


…とまぁダラダラと書き連ねてしまいましたが、ゲームの屋台骨を組むためにゲームプランナーの存在がどれだけ重要なのかは十分伝わったかと思います。キャリアステップにおいても長年プランナー職一本(“別業務”を受け持つ場合あり)でゲーム業界に携わる人もいれば、上級職でありゲーム制作メンバーをまとめる“ゲームディレクター”や“ゲームプロデューサー”に転じる人、あるいは得意の企画力を活かしてシナリオライターへ新たに転向する人と様々です。
しかし、これは“ゲーム制作あるある”ですがいくら自分の技術力や専門性に確固たる自信を持っていたとしても、それだけでは業界で生きていく事は難しい。というのもゲームは一人で作るものではなく、各クリエイターや営業などと協力して取り組んでいくものです。一般的なイメージだと「タイピングが早くてソフトの扱いが上手いけど、無口で意思の疎通が苦手な人が多そう」という声を聞く事がありますが、それは“半分正解で半分間違い”。



確かに人付き合いにおいて言うと多少癖のあるというか、キャラクター性が“ブッ飛んでいる”人も多いのですが、制作上のトラブルが起きないために誰もが他者と口頭やチャットといった手段で円滑なコミュニケーションを取っています。
いくら特殊な動き方をするクリエイター職だからといって、社会人としてのマナーや常識が無ければ仕事を全うする事は難しいのです。




ゲーム業界の志望動機を書くポイント




ここからは、プランナーとしてゲーム業界で活躍するための志望動機の書き方について考えていきましょう。ゲームプランナーだけでなくゲーム業界で働く人の多くは言うまでも無く「ゲーム好き」。学生の頃からゲームを四六時中やっていたり、ゲームが関係するイベントにはお金や時間を惜しまず参加したり、趣味でイラストやアプリゲームを生み出してきたような人達がほとんどなのです。それはゲーム業界を志望する就活生でも同じであり、ただ「ゲームが大好きだから働きたい」というだけでは他のライバルの姿に埋もれるだけ。
もちろんゲームに対する情熱は就活や仕事をしていく上で欠かせませんが、「一緒に働く仲間を見つけたい」と考える企業を納得させる内容の深堀りが必要になっていきますよ。



そしてゲーム業界では企業のタイプは「パブリッシャー」と「デベロッパー」の2つに分類出来ます。前者では主に企画や販売にプロモーションまでを行います。よくコマーシャルやWEBメディアなどのゲーム広告で大手有名企業の名前を目にするかと思いますが、そのほとんどがパブリッシャーに該当しますね。ビッグプロジェクトに関われる機会が多いのもパブリッシャーの特徴ですね。
後者はゲーム開発の一から十までを担当。パブリッシャーから依頼を受けて企画・仕様に沿ったモノを納期通りに作り込む役割を担っています。そういう意味でも、モノづくり意欲が高いゲーマー就活生はデベロッパー企業に応募する事が多い傾向にありますよ。
また、たとえパブリッシャー企業でも自社で企画~開発~販売を行うところもありますし、デベロッパーでもベンチャー規模ならば企画からスタートする場合も含まれます。
このように、“ゲーム系企業”でもそれぞれ仕事の幅が異なりますので、「自分がどんな仕事をしたいか」「どんな環境に身を置いて成長していきたいか」も志望動機を練る際に重要になっていきます。





また、しつこいようですが志望動機を考える時は「ゲーム好き」を一番にアピールするのはNG。国内だけでもゲーム系企業は多く存在していますし、企業毎で魅力点(強み)や将来性は違ってきます。にもかかわらず「私はゲームが好きなので御社を志望しました。学生時代は〇〇のようなアプリを作って~」という主張をしてしまうと、相手からは「ゲームに携われるならウチじゃなくてもいいんじゃない?」と思われてしまうでしょう。



志望動機は言い換えれば意中の相手に送るラブレターのようなもの。“他の人には無いどんな魅力が相手にあって、自分がどのように魅了されたか”、“そんな人に愛されるために自分は今後どのように尽くしていきたいのか”を明確化出来なければ相手の心を掴む事は叶いません。
ゲーム業界での志望動機は、自分の熱意や専門性に実績などをアピールするだけでなく、「志望する企業が発売・リリースしたタイトルでどんな影響を受けたか」「ゲームを通じてどんな変化が生じ、その経験をどう活かして企業に貢献していくつもりか」を分かりやすく答える事が大事ですよ。



ゲームプランナーの志望動機の例文




では、以下の方でゲームプランナーを志望する就活生向けの志望動機の例文を紹介していきます。前述にてゲーム業界の志望動機を考えるポイントに触れましたが、大切なのは「企業・ゲームに関係するエピソード選び」「遊びや開発した経験で得た学習内容」「過去の出来事をどう志望企業で活かしていくのか」を簡潔に話していく事ですよ。



『私はゲームによって多くの人の思い出に残るような楽しい時間を提供したいと思い、御社を志望しました。私は幼い頃から家庭用ゲームが好きで、学校から帰ると友人と集まって御社の〇〇で遊ぶ事が日常でした。ゲームに対して悪い印象を抱く人は少なくありませんが、私にとってゲームは、かけがえのない思い出を生んでくれた存在です。
私はこの経験から、沢山の思い出を与えたきっかけである御社の元で働きたいと考えるようになりました。私は学生時代、数学が得意であり常に試験も学年トップクラスの成績を獲得しておりました。居酒屋のアルバイトでもその数字の強さを買われ、月間の売り上げ管理からお客さんの満足度の数値化や課題の分析を担当していた強みがあります。この経験を元にして御社の利益向上に貢献していきたいと考えております。』



『私は常に斬新なアプローチでユーザーの心を掴んでいる御社の元で企画力を試してみたいと思い、志望しました。御社は〇年前に本格的にソーシャルゲーム市場に参加したにもかかわらず、〇年にリリースした〇〇が、現在でも他社のタイトルに比べて圧倒的な売り上げを記録しており、ゲームの面白さもそうですが、一つのコンテンツに対しての熱意とユーザーを飽きさせない数多の試みが最大の魅力だと感じております。私は学生時代、小売店でアルバイトをしておりましたが、新商品のPRやターゲットを絞った広報の工夫などアイディア力を培う事が出来ました。実務経験はありませんが、この経験を御社のゲーム開発に反映し、既存コンテンツの売り上げ向上に努めていきたいと考えております。』



まとめ



いかがでしたか? 「ゲーム業界は狭き門」と就活の際はよく囁かれますが、志望する企業・職種に就く上で“自分の強み・弱み”をよく理解して、“今後、業界・企業にどう貢献していきたいのか”を考える事が出来ればいくらでもゲームプランナーとして活躍するチャンスは掴めます。この業界に挑むなら「ゲームが好き」という気持ちは大前提の条件となるので、その熱意を前面に出して考えるのではなく、クリエイター目線で「自分の考えや能力がどうすれば売り上げや面白さに繋がるのか」を論理的に考えてみましょうね。

この記事をシェアする
  • Twitter
  • facebook
  • はてぶ
  • LINE
一覧ページに戻る