1. ホーム
  2. コラム
  3. ゲーム業界における職種別の年収を解説

コラム

ゲーム業界における職種別の年収を解説

ゲーム業界では開発において“やりがい”を至上に掲げるクリエイターが多く、どんなに過酷で体力も精神も削られる日々が待ち受けていたとしても、「ゲームが好き」だからと覚悟して仕事に励む姿が目立ちます。しかし年齢を重ねていくと、どうしても懸念に挙がるのが年収。好きな業界で長く働いていくためには、やりがいだけでは不十分です。今回はゲームクリエイターの年収について掘り下げていきましょう。





ゲーム業界は他業界に比べて年収はどのくらいか




ゲーム業界を志望する就活生は「関われる分野」や「現場の雰囲気」「仕事のツラさ」を気にしがちですが、今後ゲーム開発で生活するのならば「年収」に関してもよく考慮するべきです。一般的にシステム開発やITインフラを運用するSEなどの仕事では、激務な上に給与面でよく物議を醸しがちですが、“似た仕事”であるゲームクリエイター達の年収はどの程度なのでしょう?
ゲーム業界の平均的な年収ですが約400万~600万ほどの幅があり、メーカーの場合は“大体480万代がほとんど”とされていますよ。



別業種であるIT業界の年収(IT・通信:460万)と比較してもそこまでの差は無いと言えますね。
もちろん個々の年収は企業規模や持株の動向、部署やそれぞれの職種によっていくらでも変動していきますが、業界全体で見てみても“低すぎず高すぎず”というのが正直なところ。
国内を代表する大手ゲーム系企業では若手社員や中堅社員で平均600万~800万ほどを記録されており、開発面を大きく支える中小クラスは300~500万ほどとも言われています。
ですが、今ではオンライン界隈やソーシャルゲーム市場の拡大にVR・ARといった新たな分野開拓が進められ、業界の著しい成長と共に現役で活躍するクリエイター達の待遇も昔に比べて改善されてきております。



これ以外にも、国内外で絶大な影響力を持ち、長年愛される大人気IPを複数所有する一部上場企業では、入社3年目5年目の若手でもボーナス込みで1000万超えの年収を得ているデータも。
ですが、なぜここまでゲーム業界の企業毎で年収にバラつきがあるのかというと、単純な話“企業の取り組みの違い”や“開発・販売したゲームが売れているかどうか”で変わってきます。
コンシューマからソーシャルゲームなど“ゲーム”にも複数の種類がありますが、いくつものヒット作を世に送り出しているパブリッシャー企業では当然、平均年収は高まるものですし、開発&下請けメインのデベロッパーでは上流工程から流れてくる仕事を請け負って納品する形になるので、企業そのものの認知度が低く、自社IPという実績が残るわけでは無いので、役職就きというわけではないなら一般的なサラリーマンの年収と遜色ありません。なので、モノづくりを目的とするクリエイターが集中しやすい中小・ベンチャーの開発&下請け企業の年収が“普通なレベル”であり、企画から販売までのマーケティングを基本とし、自社内で開発そのものも行う企業クラスだと別業種の平均年収よりも200~300万ほど高くなる傾向にあるのです。





ただ、平均年収は企業での平均勤続年数や年齢層も関係していくものであり、ゲーム業界では平均的な年齢層が30代前半~半ばと意外に若く、大手中小問わず離職率も割と高めな点が目立ちます。
クリエイティブな仕事とりわけゲーム業界では、給与の追求よりも“職人”としてのやりがいを見出す人が大勢いらっしゃるので、大手で高い給与を得て大きなプロジェクトに関わっていても、「中小などの環境で自分の作業領域を広げたい」と考えて30代に突入した後に規模の小さい企業へ転職するクリエイターも珍しくないのです。逆に最初は中小やベンチャーで経験を積んできた人が、更なる年収UPを目指して大手に転職するパターンも存在しますよ。なので一ヶ所に長く勤める人は思いの外少なく、それ故に年齢別の年収にも違いが生まれてくるわけです。
最初の“ペーペー”の段階だと企業を好きに選んだり年収の底上げをしたりすることが難しい。しかしキャリアや能力といった自身の市場価値を高める事で、後々で一発逆転を狙える可能性も得られるんだと認識しておきましょう。



ゲーム業界の職種別に年収紹介




ゲーム業界全体の平均値をお伝えしましたが、ここで制作に関わる各クリエイターの仕事概要や年収について触れていきましょう。
ゲームクリエイター全体の数値(20代前半~20代後半)でいうと350万~450万ほどになるのですが、プランナーやプログラマーなどの職種、置かれているポジション次第で同一企業でも年収は言うまでもなく異なっていきますよ。



ゲームプランナー(1年目:250万~350万)

ゲーム制作の第一段階である企画を請け負う仕事です。「どんなゲーム性にするか」を骨組みから考えていき、開発における“ルール”の策定からクリエイター達の人員配置、場合によってはプログラミングやレイアウトを担当します。



ゲームプログラマー(1年目:290万~345万)

プランナーやプロデューサーが設計した仕様書に従ってゲーム内のモーションや作中のBGMの調整などをプログラミングによって手掛ける仕事です。ゲーム開発で使用する言語やソフトはコンシューマやソーシャルゲームなどのタイプ毎で変わるだけでなく、必要になる言語も時代と共に変化するので、それに対応する能力も求められます。



ゲームデザイナー(1年目:300万~400万)

“デザイナー”といっても2D・3Dデザインやキャラクターデザインなどそれぞれ分野は異なります。主にゲーム作品のビジュアル面を作っていく職種なので、イラストレーター志望の学生からも志望される事が多いですね。そして、キャラクターやUIだろうと仕様書や口頭で知る情報を頭に組み込み、ほぼゼロの状態から生み出していくので高い想像力が必要になりますよ。



シナリオライター(1年目:300万~500万)

ゲームのシナリオや登場人物のセリフ、魅力付けなどを行うクリエイター職です。特にRPG作品などでは物語のクオリティーそのものがゲームの評価に直結するので、売れるかどうかはシナリオライターの腕にかかっているとも言われています。ですが、シナリオ面で作品の魅力を引き出すために作業の全体像をある程度把握していなければならないツラさも含んでおります。



サウンドクリエイター(1年目:300万~600万)

その名の通り、ゲームで使われる数々のサウンドを手掛ける仕事になります。作品によって携わる幅は変わっていきますが、モノによって数十から数百ほどの楽曲を作る必要があります。また、シナリオの重要性は先ほどお伝えしましたが、ゲームサウンドも人気を集めるために欠かせない要素なので、ゲームの世界観を崩さず人々の心に残るような仕上がりを目指さなければなりません。

ゲーム業界で年収を上げるためには




ゲーム業界で自身の年収を上げる方法ですが、キャリアアップと転職の二つが挙がります。キャリアアップについてですが、ゲームクリエイターでもメイン・サブで継続的に動く人や、プロジェクトを統括するマネージャーやプロデューサーに昇格してチームを動かしていく人と様々です。前者の場合は今までの働き方と大きく変わっていくわけではありませんが、任される業務の幅から裁量は大きくなるはずです。後者の上級職にシフトする場合、今までクリエイターとして動いていた立場から、開発における全体のまとめ役という仕事に変わるので、責任が増えていく分、年収も上がっていきますよ。



そして転職ですが、長い間中小企業で腕を磨いてきた人が大手企業に転職するというのも、この世界では珍しくありません。むしろ大手企業に比べて少数であり個人個人の専門性が伸びやすい環境でキャリアを積んできたという実績は、優秀な人材をより多く確保したがる大手企業には魅力的に映るものです。ヒット作を多く抱え、マンパワーや将来性が確かな大手企業ならば中小やベンチャーと比較して高めな年収を期待出来ますよ。

まとめ




“やりがい”で食っていく事を理想とするクリエイターが多いゲーム業界。しかし冒頭でも言った通り、ゲーム業界はまだまだ発展が期待出来る土壌にありますが、やはり長期的なプロジェクトを残業過多で臨む事になるので、労力に見合った生活をしていくためにも就活の際は企業・職種毎の年収はじっくり吟味しておきましょう。

この記事のタグ
この記事をシェアする
  • Twitter
  • facebook
  • はてぶ
  • LINE
一覧ページに戻る