1. ホーム
  2. コラム
  3. ゲームプランナーへ未経験から転職。面接での志望動機で答えたい内容とは?

コラム

ゲームプランナーへ未経験から転職。面接での志望動機で答えたい内容とは?

誰もが初めての就職で憧れていた職業に就職しているわけではありません。小さい頃から憧れていたゲームプランナーになりたいと思っていたけど、いざ就職する場面になった時に「ゲームプランナーとして生計をたてていけるか不安」、「自分の能力ではついていけないのではないか」と何かと不安になり、夢を断念してしまった人もいるのではないでしょうか。しかし、社会人としてある程度の経験を積み、夢だったゲームプランナーへの道に進んでみようと決心することも可能です。しかしゲームプランナー未経験でゲーム会社に就職できるかという新たな不安も出てくるかと思います。そこで本記事では、就職にあたり絶対に避けては通れない面接に焦点を当てて、志望動機に盛り込んで答えたい内容についてお伝えしていきます。





志望動機には過去の経験を盛り込もう




どこの会社でも面接では必ず志望動機を訊かれるわけですが、そこでは会社を選んだ理由、未経験業界に進もうとしている理由、入社後に実現したいことを答えていくはずです。これらは当然に答えていくわけですが、志望理由や入社後に実現したいことに合わせて、前職での経験や身につけてきたこと、実績など過去の経験を盛り込んで答えることができると内容に具体性が帯び、志望動機が明確になります。ゲーム業界、ゲームプランナー未経験だったとしても、これまでの経験や身につけてきたことが無駄になることはありません。必ず通じる部分があるはずです。たとえば、接客をする仕事をしてきた人でしたら「コミュニケーション力」を挙げることができます。ゲームプランナーにとってコミュニケーション力は欠かすことができないスキルですので、入社後に同じゲーム制作に取り組むチームとのやり取りを円滑に行うことができるという点をアピールすることが可能になるわけです。実績についても直接的にゲーム業界と関わることがないような内容であっても、実績を残すために努力ができる人間であることを伝えることができるため、盛り込みたいポイントです。ゲームプランナーはゲームの売行を左右する職種といえます。売れるような人気ゲームを企画しなければなりませんので、人一倍の努力が求められます。実績を残した過去の経験があれば面接官から一目置かれること間違いなしです。
先ほども少し触れましたが未経験業界、職種に応募する場合でも必ず自身の過去の経験との共通項はあります。面接で志望動機を答える際は、ぜひ過去の経験を盛り込んで答えるようにしましょう。



過去の経験に乏しい人の対処法




過去の経験を盛り込んで答えたいけど、面接で語ることができるような経験がない、もしくはどうしても経験してきたことと共通する部分を見出すことができない人もいるはずです。そのような人は、「体験してきたこと」を盛り込むことをおすすめします。これを読んだ人は「経験と体験は同じではないか?」と感じたかと思います。同じように使われているようで実は少し違いがあります。経験は行動をしたうえで知識や技能を身につけること、体験は行動することそのもののことを指します。ですから経験を語る場合には、そこから得た知識や技能というものに触れる必要があります。しかし体験の場合は、行動それ自体のことですので「自分がやってみよう」と思って行動に起こして見聞き、体感したことのみです。話が少し反れてしまいましたが、知識や技能というスキル要素がない場合でも、体験したことから感じたことを志望動機に盛り込んで答えていこうということです。たとえば、あるゲームをしていて「自分だったらこうするな」という考えもゲームを体験してみて感じたことです。そこから、こんなゲームを作ってみたいと感じるようになったことを内容に混ぜて答えるとよいでしょう。


また実績や身につけてきたスキルが特にない人であっても前職で学んだ「社会人としての基礎」があることを盛り込んで答えるのもありです。ゲーム業界という専門的な世界であってもビジネスマナーが必要になることは他の業界と何ら変わりません。たとえば、取引先のお客様だけでなく社内の人間に対しても上司、部下を問わず丁寧な言葉遣いを心がけ、また挨拶を元気にしてきたというのも一つの社会人としての基礎力です。ゲームプランナーは多くのスタッフと関わる職種です。どのような人に対しても同じように丁寧な言葉遣いをし、挨拶も元気にしてきたというのは入社後の人間関係をより良くし、業務を円滑に行うことができる人間だろうという評価につながる可能性があります。このように些細なことが評価につながることもありますので、過去の経験に自信がない人でも、体験してきたことを志望動機に盛り込むようにし、その動機に現実味を持たせるようにしましょう。



転職理由は明るい内容で答えよう




転職理由と志望動機は本来であれば似て非なるものですが、転職理由の延長線上に志望動機が存在しているため、志望動機の中で触れたい人もいるかと思います。そこで転職理由を志望動機に盛り込んで話す場合の注意点を簡単にお伝えします。
前職での経験を志望動機に盛り込むことについて冒頭で触れましたが、前の会社の悪口になってしまう内容、給与や休日等の待遇面に納得ができなかったなどを話すことがないように気をつけましょう。前の会社で「人間関係で嫌な経験をしてきました・・・」なんてことを志望動機で答えてしまったら、人間関係でまた嫌な経験をしたら辞めてしまうのではないかと懸念されてしまいます。また、これは転職理由ではなく退職理由の要素が大きいという点でもあります。やはり転職の理由は明るいものにしていきたいです。憧れのゲームプランナーに就職する夢を実現するために、前職で身につけたスキルを存分に発揮するためになど、ポジティブな内容にしましょう。



まとめ




ゲームプランナーに未経験から転職しようと考えている人へ向けて、面接で答える志望動機の中に盛り込みたい内容についてお話してきましたが、いかがだったでしょうか。志望動機ではただ企業や職種を選んだ理由だけでなく、過去の経験から得てきたことを盛り込むことで、動機をより明確にすることができます。過去のことを語ることはマイナスな印象がありますが、過去に経験して得た知識や能力を伝えることは評価の対象になります。経験してきたが中々思い浮かばない人でもこれまでに体験してきたことを志望動機に盛り込むことでも大丈夫です。未経験からの転職でも過去の経験、体験からゲームプランナーに通じるものがありますので、ぜひ面接で志望動機を答える際には意識してみてください。

この記事をシェアする
  • Twitter
  • facebook
  • はてぶ
  • LINE
一覧ページに戻る