1. ホーム
  2. コラム
  3. 業界未経験必読!ゲームプランナーの求人に応募するために必要なスキルとは

コラム

業界未経験必読!ゲームプランナーの求人に応募するために必要なスキルとは

ゲーム業界という世界を想像した時、きっと専門的で特殊な世界と感じる人が多いことでしょう。ゲーム業界が未経験でこの世界に興味がある人の中には、たんにゲームが好きだからという理由だけでなく、専門的で特殊な世界に魅力を感じて憧れを抱いている人もいるのではないでしょうか。しかし憧れを抱いてゲーム業界に就職しようと思っても、専門性が問われる業界だと聞くとゲームに関する専門的な知識や、特別な資格やスキルが求められるという印象を強く受けてしまうものです。そこで本記事ではゲーム業界に未経験で就職しようとした時に必須となる資格やスキルがあるのか、またその種類や内容はどのようなものかについて、特に今回はゲーム業界の職種の中でもゲームプランナーの求人に興味がある人へ向けてお伝えしていきます。





ゲーム業界未経験なら知っておきたいこと




ゲームプランナーの求人に応募するために必要となる資格やスキルを紹介していく前に、ゲーム業界未経験の人に知っておいてもらいたいことをお話していきます。まずゲーム業界そのものがどのような世界なのかですが、ゲーム業界と一口に言ってもゲームに様々な種類があるように業界もいくつかに分かれています。家庭用ゲーム業界、オンラインゲーム業界、スマホゲーム業界が主なゲーム業界となっています。家庭用ゲーム業界は、ゲーム機器に対して個々のソフトを使って遊ぶゲームを扱っている業界です。たとえば、テレビゲームの場合だとニンテンドーゲームキューブやWii、PlayStation、最近ではNintendo Switchなどが挙げられます。ニンテンドーDSやPlayStation Portableなども携帯型の家庭用ゲーム機になります。会社名でいえば任天堂やSONYが有名です。オンラインゲーム業界は、パソコンやWii、PlayStationなどを使用してネットに接続し、オンライン上で世界中にいるユーザーとつながって遊ぶゲームを扱う業界です。たとえば。FPSと呼ばれるシューティングゲーム、MMORPG、ソーシャルゲームなどです。スマホゲーム業界は、その名前の通りですがスマートフォンを使用して遊ぶゲームを扱う業界のことです。有名なゲームですとモンストやパズドラなどは聞いたことがあるかと思います。このようにゲーム業界は大きく3つの産業に分けられています。
ご紹介したゲーム業界では、ゲーム商品の開発や生産管理、営業という仕事が行われています。ゲーム商品の開発は、ゲームプログラマーやゲームプランナーなどの職種の人たちがゲーム作りを行っている部門です。生産管理の仕事はゲームをどのように販売していくのか、その販売方法について計画立案し、管理していくことです。販売計画に基づいて原価管理や生産計画、ゲームの出荷までの管理という仕事が行う部門です。営業はイメージが一番つきやすい部門かと思いますが、完成したゲームをお店に提案し、契約する仕事をしています。



では、本記事のタイトルにもゲームプランナーという職種が出ていますが、ゲーム開発にはどのような職種があるのか主なものを取り上げ簡単に説明します。以下のようになります。


ゲームプログラマー

ゲーム制作におけるプログラミングを構築する職種です。ゲームのキャラクターやエフェクトの制御の開発からバグの修正や実際に動作を確認する作業などをします。


ゲームプランナー

ゲームの企画から制作、完成後の分析や研究を行う職種です。ゲームの企画を行い企画書、仕様書を作成し開発段階までもっていきます。完成後も次回作へ向けた改善点等を分析することも仕事です。


ゲームデザイナー

ゲームのキャラクターや背景、アイテムなど作中に登場する絵を担当する職種です。ゲームの世界観やキャラクターの設定、演出にも携わる仕事です。


この他にも、ゲーム業界にはゲームサウンドを扱う仕事やゲームディレクターやプロデューサーなどの職種が存在していますので、ゲーム業界に入る前に把握しておくようにしましょう。



ゲームプランナーに求められるスキルとは?




業界の説明が長くなってしまいましたが、ここからは本記事の本題であるゲームプランナーの求人に応募するために必要となる資格やスキルについてお伝えしていきます。
まず資格について説明していきますが、ゲームプランナーになるために必要な資格はありません。ゲームプログラマーやゲームデザイナーはプログラミングに関する資格やデザインに関する資格があった方が望ましいので、そういった点で見るとゲームプランナーは未経験でも求人応募しやすい傾向があります。とはいえ、資格を持っているに越したことはありませんし、必須の資格がないからこそ資格取得によって周りと差をつけることができますので、いくつか紹介していきます。


Microsoft Office Specialist

この資格はOffice系ソフトの基本的な操作、またはその応用力を示すことができる資格です。ゲームプランナーはパソコンを使用して企画書や仕様書、プレゼン用の資料を作成する業務がメインになります。パソコンを使えるということを客観的に証明できるものですので、ゲームプランナーの求人に未経験で応募する方はぜひ取得しておくと自信にもなりますし、評価の対象にもなりやすいです。


情報処理技術者試験

PCの仕組みやシステム開発の手法など、IT職に従事するうえで必要な基本的な知識、情報処理に必要な論理的な考え方ができるといったITに関する全般的な知識を持っていることを証明できる資格です。ゲームプランナー自体にはITの知識が必要となるわけではありませんが、ゲームプログラマーとやり取りをする場面が必ずありますので、その時に活かすことができる資格です。またゲーム業界というITの世界にも少なからず通じている分野で働いてくことになると持っていても損はありません。


TOEIC

TOEICはビジネスの場や日常生活での会話、文章でのやりとりなどの英語能力を測るためのテストです。取得スコアによって英語の実力がどこまであるのかを把握することができます。日本のゲームが海外で人気を博することや海外のゲームが日本に上陸するなど、ゲームは国際色が豊な文化です。ゲームプランナーとして国際言語である英語が使えると業務の幅は確実に広がります。


以上のような資格は求人応募に絶対的に必要になるものではありません。しかし、これから説明するスキルについては最低限必要になるものですので身につけるようにしておきましょう。


コミュニケーション能力

コミュニケーション能力はこの業界、職種でも欠かすことができないスキルですが、ゲームプランナーには特にも重要なスキルといえるでしょう。ゲームプランナーは自身が作成した企画書を社内会議でプレゼンをしたり、仕様書についてゲームプログラマーやデザイナーといったスタッフに指示を出したりする場面が必ずあります。相手の言葉にもしっかりと耳を傾けて自分の考えを分かりやすく伝えていく必要があります。このコミュニケーションが上手くいかないと作成するゲームのクオリティにも影響がでてきます。また完成した時に思わぬミスが発覚することも考えられます。他のスタッフたちと仕様書や制作段階についてのやり取りを密にしていくことが大切です。


時間管理・優先順位づけができる

モノを作成する仕事には必ず付きまとうのが納期です。ゲームを制作する時も、完成期日を決めて作業に取り掛かります。決められた完成期日がある以上、完成までの工程、時間管理が重要になってきます。時間管理がないがしろにされれば当然、今日やるべきであったことが明日以降に持ち越されるという事態が起こってきます。それでは当然完成期日に間に合うことはできないでしょう。間に合ったとしても、途中で工程を組み直すなどの余分な作業が必ず生じることになります。当初に決めた工程通りに作業を進めることができるように時間の管理ができることは絶対のスキルになります。また、これに関連して優先順位をつけることができるというのも最低限のスキルとして必要となります。ゲームプランナーは、ひとつのゲームを企画して、ゲーム開発を軌道に乗せて完成まで辿り着くまでに多岐に渡る業務を担うことになります。業務に優先順位をつけることができなければ流れよく作業が進むはずのものも躓いてしまいます。複数の業務の中でも今何をするべきなのか、またつぎの作業にも目を向けた上で優先度づけしていかなければなりません。


このように一見すると当たり前のスキルのように感じるかもしれませんが、当たり前のスキルを身につけていることでゲームプランナーとしての仕事を果たしていけるのだということを覚えておいてください。コミュニケーションは家族や友人とのやり取りにおいて意識する、時間管理や優先順位をつけることについては、ある1日、もしくは1週間をスケジューリングしてみる
ことで訓練することができるかと思いますので、ゲームプランナーの求人に応募する前に必ず身につけておくようにしましょう。



まとめ




ゲーム業界が未経験の方へ向けて、ゲーム業界のこと、そしてゲームプランナーの求人に応募するために必要となる資格とスキルについてお話してきましたがいかがだったでしょうか。どの業界、分野においても同じことが言えますが、未経験者であれば、まずゲーム業界における経験と知識が不可欠です。未経験からのスタートですから、ゲームプランナーとして活躍するまでには時間と努力が求められます。ですので、身につけるべき最低限のスキルはもちろんのこと、求人している会社に応募する前に今回ご紹介したような資格についても取得するように挑戦してみてください。きっと未経験であったとしてもゼロ地点からのスタートにはならないはずですよ。

この記事をシェアする
  • Twitter
  • facebook
  • はてぶ
  • LINE
一覧ページに戻る