1. ホーム
  2. コラム
  3. ゲームプランナーの求人に応募したい!未経験から転職でゲームプランナーになる方法とは

コラム

ゲームプランナーの求人に応募したい!未経験から転職でゲームプランナーになる方法とは

皆さんは自分の憧れた、または夢見た職業になれていますか?
一旦は別の業界に就職してみたが、自分の夢を捨てきれずに転職をするという人も大勢います。近年では子供から大人まで、幅広い年齢層でとても人気なゲーム。その人気の理由は昔から娯楽のひとつとして愛され続けているという点の他に、IT・WEB業界の発展などに伴い誕生したスマホゲームなど、誰もが手軽に楽しめるゲームが増えてきましたよね。そこで大人になって初めてゲーム業界に就いて自分の手でゲームを作りたいと考える方や、やっぱりゲームが好きで自分の考えていたアイデアをゲームとして残したい。と考える方もいます。ゲーム業界にはたくさんの職業が存在します。専門的な言語を用いてプログラミングしていくゲームプログラマー、個性的で素敵なキャラクターをゼロから作るキャラクターデザイナー、世界観やそれぞれのシーンに合わせて緊張感、楽しさを表現するBGMを作るサウンドクリエイター。どの職業もゲームを作る上では欠かせないもので、どれも魅力的ですよね。中でもゲーム制作の土台作りを担う「ゲームプランナー」。その名の通りゲーム制作の企画を考える職業になるわけですが、プログラマーやデザイナーなどといった専門知識や資格が必須ではないため、未経験でもゲームプランナーを目指す人も少なくないようです。しかしそもそも未経験の求人なんてあるか分からないし、本当に未経験でゲームプランナーになれるのかも分からない。というように不安が高まることもたしかですね。今回は未経験の転職でもゲームプランナーになれるのかなどのご紹介です。






ゲームプランナー未経験でも応募できる求人はあるか?



そもそもゲーム業界、ゲームプランナーの未経験の求人は存在するのでしょうか。もちろん企業によって同じ職種でも求められるスキルや知識量などもさまざまですが経歴不問の求人は存在します。しかしどの業界でも経験者が有利に立つことは間違いありません。そのため企業ごとに求めている人材はなんなのか、どのような知識があればこの企業に就けるかなどそれぞれの企業を研究したり、インターンシップに参加したりすることも重要と言えます。そしてゲームプランナーに限ってはアイデアや自分の考えを表に出していく必要があるため、日頃から自身で考えたアイデア、ネットや雑誌などから斬新だと思ったアイデアなどをメモする癖を付け、情報収集力を高めるということも、転職活動中はもちろん、就職後も大変便利に使えることでしょう。



未経験から転職でゲームプランナーになれるのか?



求人があるのは分かったけど、結局未経験の転職でゲームプランナーに実際なれるの?と疑問に思う方もいるかと思います。もちろん年齢などを重ねるごとにその可能性は低くなりがちですが、実際にゲームプランナーで活躍する人は30代が多いようです。そして専門的な知識を特に使わないゲームプランナー、また企画立案が主な仕事内容となると重要視されるのが企画力です。昔から自分で遊びやゲームを考えるのが好きだった。という方もいるのではないでしょうか。もちろん企画をする仕事ですから、企画力というのも大事な要素になってきます。しかし企業が企画力よりも求めている要素がひとつあり、それは「コミュニケーション能力」です。ゲームプランナーというのは自分のアイデアを出したり考えたりしたら終わりではありません。土台作りとしての役目があるからこそ制作の全体を把握する必要性や、自分の考えたアイデアをプログラマー、サウンドクリエイター、デザイナー、声優などのそれぞれの役割の人に伝える必要があります。もちろん資格などがあることに越したことはありませんし、実際にパソコンを使ってワード、エクセルで企画書などの作成も行うため、基本的なパソコン操作は覚えておいて損はないでしょう。転職では即戦力を求められがちですが、未経験として応募する場合はコミュニケーション能力をしっかりとることができることをアピールすることで評価は大きく変わってきます。実務経験があっても相手とまともに話し合えないようでは企画書作成や自分のアイデアを周りに発信していくことなんてできませんよね。




まとめ



今回はゲームプランナーに関するご紹介でした。これはゲームプランナーに限らず言えることですが、どの業界においても実務経験がプラスの評価になることは間違いありません。即戦力を求められやすい転職ではなおさらです。ですが先ほどもご紹介した通り、コミュニケーションが苦手では制作も円滑に進まずに、チームの思い描くようなゲームを作れなくなってしまいます。それでは意味がありません。実務経験がなかったとしても社会経験があり、コミュニケーションが得意だということはとても強いアイデンティティになるため、積極的にアピールしていきましょう。もちろん、コミュニケーション能力だけでなく企業研究の徹底や少しでもPCスキルを付ける時間をとることも忘れずに。今回の記事を読んでいただいて、少しでもゲーム業界に興味を持っていただけたら幸いです。

この記事をシェアする
  • Twitter
  • facebook
  • はてぶ
  • LINE
一覧ページに戻る