1. ホーム
  2. コラム
  3. 【ゲーム業界未経験】ゲームプランナーの求人の見方を解説

コラム

【ゲーム業界未経験】ゲームプランナーの求人の見方を解説

就職してしばらくすると、必ずだれもが転職について考えることだと思います。そして現在の就職(転職)市場ではひとつの会社でキャリアアップを目指すよりも、中小企業で就職したのちに大手企業へ転職してキャリアアップという選択をする人も増加している傾向にあります。そして近年のゲーム業界の発展により、「ゲーム好き」のユーザーが「ゲームを作る」ということに関心を持ち、自分でもゲームを作ってみたい。と未経験での転職をするようにもなってきています。未経験での転職を目指す方の中に、未経験の場合どのようなスキルや資格が必要で企業はどのような人を求めているのか、また主な仕事内容などはそれぞれ企業によっても違うために転職について悩んでいる方もいますよね。自己分析や企業研究で自分に合った企業選びをすることはもちろん大切ですが、意外にも求人情報から得られる情報はとても多いもので、見方によってはとても役に立ちます。また、転職が初めてだという人の場合も求人情報の見方があまり詳しく分からないという方も中にはいるかと思います。今回はゲーム業界、特に最近人気のゲームプランナーを元に、求人から確認したいことなどをご紹介いたします。






ゲームプランナーの求人から確認したいこと




そもそもゲーム業界において、たくさんの職業がある中でゲームプランナーという職業は読んで字のごとく、プラン(企画)を考える人のことです。企画というと大雑把で分かりづらいかもしれませんが、ゲームの製作の土台となる企画を考案していきます。つまり企画がなければゲームそのものを作ることができず、世に出ないままということになってしまいます。


まず、求人の見方についてですが基本的な事業所名、雇用形態、所在地、休日、雇用期間などなど沢山の要素がありますが、ゲームプランナーの求人として注意して見るべき項目のひとつとして、表記の仕方が挙げられます。というのも、企業によっては「ゲームプランナー」と「ゲームデザイナー」が同じものと呼ばれる場合があります。ゲームデザイナーとゲームプランナーという職業が存在しますが、どちらも同じような仕事内容で、プランナーは企画などを考えますがデザイナーも、言葉だけ聞くとキャラクターを作るのかな。と思うかもしれませんが見た目だけを作ることだけがデザイナーの仕事ではなく、企画を考えることもあるため、ゲームデザイナーとゲームプランナーは同じものとして見られています。そのため、ゲームデザイナーとゲームプランナーの表記をよく見て間違えないようにした方が良いでしょう。また、ゲーム業界というのはその大きな発展に伴い、人手不足が常に深刻になってきている状態であり、だからこそ未経験の人でも歓迎し、成長させるという考え方が出てきています。そして人手不足に付随して問題になっているのが労働時間です。ゲーム業界の年収は高いものだと思われがちですが、これは残業の有無やその時間で給与が多くなっている企業も存在します。いくら大好きなゲーム作りとは言っても、休みがなければ好きなこともできません。残業時間や労働時間についての記載は特に注意して見るべきだと言えます。



ゲームジャンルごとの会社の求人を見てみよう!




ゲームにもジャンルが存在しコンシューマーゲームやソーシャルゲーム、オンラインゲームなどなどさまざまなゲームジャンルが存在しますがゲームジャンルが違えば会社ももちろん変わってきます。ではゲームジャンルなどで求人のポイントなども変わってくるのでしょうか。



ゲーム制作において、特別専門的な知識を使うことは多くありませんが、企画をするといううえではワードやエクセルなど、基本的なパソコン操作に慣れていないと企画書や仕様書を作成するときに滞ってしまう可能性があります。また、先ほどもご説明した「ゲーム業界の大きな発展」というものはスマートフォンの一般化が主な要因です。その影響でスマホアプリというものは一日に何十ものアプリが世の中に配信されています。それほどまでにモバイル系を開発している企業では人手が足りずに未経験でも入りやすい状況になっています。モバイルゲームを開発している企業が多いからこそ、先ほど挙げた残業時間(労働時間)、給与、雇用形態などをじっくりと見ていく必要がありそうです。



まとめ




今回はゲームプランナーになりたいと考えている方に向けた記事でした。多くの方が就職(転職)活動をする際は企業ごとのホームページや説明会、インターンシップなどで企業研究を行うことが多いですよね。実際それが一番効率的で直接肌で感じることができるため何より自分自身が一番わかりやすい方法と言えます。しかしそれらの他にも求人情報から得られる、もしくはそこからしか得られない情報もあるため企業研究のひとつとしてさまざまな企業の求人票を見比べて、興味のある企業はより深く調べる必要があります。
今回の記事が少しでも参考になりましたら、企業研究の合間にでも求人票をじっくりとよく見てみてください。そうすると新しい発見があるかもしれませんよ。

この記事をシェアする
  • Twitter
  • facebook
  • はてぶ
  • LINE
一覧ページに戻る