1. ホーム
  2. コラム
  3. ゲームプログラマーに就職した場合、どう年収を上げていけばいいのか?

コラム

ゲームプログラマーに就職した場合、どう年収を上げていけばいいのか?

ゲーム開発において重要な役割を担うゲームプログラマー。しかし他のITエンジニアに比べて年収は意外と低め。もちろん年収を上げる手段はいくつか存在しますが、ゲーム業界に長く勤めるには年収だけを気にしていてはなりません。本稿ではゲームプログラマーの年収と“やりがい”について解説をしていきましょう。





ゲームプログラマーの年収はどのくらい?




「遊ぶ人の心を大きく揺さぶるゲームを生み出すゲームクリエイターは年収が高い」…と思いがちですが、今回取り上げるゲームプログラマーを始めとするゲーム関連職の年収は、類似する別業界と比較するとお世辞にも高いと言えません。
社会的なITインフラを整備し、企業の事業を動かすシステム周りを設計・運用するプログラマーの平均的な年収は、およそ350万~500万。ですが同じようにコーディングなどを行っていくゲームプログラマーだと、多くが400万前後とされており、平均の最大値で見ても100万ほどの開きがあるのです。
もちろん、同じ“プログラマー”でも両者の世の中に与える影響力が大きく異なるので、差が生まれるのは自明の理。
また近年では、娯楽産業(主にゲーム業界)の注目度が国内外問わず上昇の傾向にあり、それに伴いゲームプログラマーの需要数も高まってきております。
正直、ゲーム業界は万年人材不足なのでプログラマーに限らず“猫の手も借りたい”状態なのが常なのですが…。



「そんな状況なら、尚更プログラマーの年収を一般の仕事のように上げればいいじゃないか」と思う読者もいらっしゃる事でしょう。そう思うのは当然です。ただでさえ激務必至で作業難易度も易しくないわけですから、年収を上げる事でゲームプログラマーの士気も高まり、応募数の増加も見込めるはずですからね。
にもかかわらず、未だにゲームプログラマーの年収が“高くなく低くなく”という微妙なラインに留まってしまうのは、ゲーム業界の在り方そのものに原因があるといえます。
どんなにクリエイター側が優れたゲームを作ったとしても、必ずしもそれがヒットに繋がるかは分かりません。たとえ予想以上に売れたとしても、次回でも上手くいくとは限りませんし、何かしらの問題が起きて急に業績が悪化する事だって考えられます。
90年代のゲーム黎明期から「この産業は博打と変わらない」と言われているくらいですからね。
そんな事態に備えるためにも、会社は膨大な資金を社内留保するようになり、開発はもちろん売り上げに大きく貢献したクリエイター各位にソレを還元する事はまずありません。





そして、パブリッシャー(企画から販売をメインとする企業)とデベロッパー(本格的な開発業務を受け持つ企業)の二つで成り立つゲーム業界では「裁量労働制」が基本です。
裁量労働制とはどんなものかというと簡単に言ってしまえば「みなし残業」。朝の始業時間から仕事をして、夜遅くまで勤務したとしても残業代が支払われないというものですね。
ここ数年で度重なる残業とそれを促すハラスメントによって死亡事案が連続して発生、それによって各企業で残業に対する見直し・是正の意識が強固となってきました。ですが、ある種“特殊な働き方”が特徴的なゲーム業界だと残業は切っても切れない存在であり、ゲーム開発の現場では裁量労働制は“必要悪”とも考えられています。
全ての企業がそうだとは無論言えませんが、実はほとんどのゲームクリエイターは朝の出勤が非常に遅く、他の仕事では考えられないくらいに“緩い”のです。
これも裁量労働制の特徴でもあり、「何時から来てもいいし何時くらいに終わってもいいよ。その代わり課せられた業務は、スケジュール以内に完遂してね。」というスタンスが業界の共通認識として含まれています。



実際、プロジェクトが進んでいくと時間配分が割とグダグダになるケースも多く、他の業種みたく“同じ時間に同じ作業ペースで進行させる”というのが困難になります。
特にゲーム開発はバグやら仕様変更やらのイレギュラーが起きやすいので尚更ですね。
しかし自由に身動きが取れる分、どんなに就業時間を超過してプログラミングからデバックに勤しんでも、結局その超過分の労働対価は支払われる事はありません。
これがゲームプログラマーないしゲームクリエイター達の年収が微妙とされる理由ですね。
もちろん、ゲーム系企業といえど全ての企業が裁量労働制を採用しているわけではなく、そういった企業ではきちんと残業代は支払われます。ですがシビアな事を言うとそんな企業はごく少数。



ここまでゲームプログラマーの年収が低くなる要因(裁量労働制が根本)について触れましたが、朝が苦手ならば好きな時間に出勤でき、なおかつ与えられた仕事の結果をちゃんと出す事が出来れば仕事の最中でもゲームをしたりアニメを観たりなんて事も可能になる土壌なので、裁量労働制の全てが悪いとは断言出来ないでしょう。
さらに、残業代が出ない代わりにスキルアップのサポートをする場合もあるので、確かに残業代が出ず年収に満足出来ないのはツラいですが、“楽しく仕事が出来る&技能向上が可能”という意味ではアリではないでしょうか。



年収を上げるために、どんなキャリアパスを描くか




さて、前述で年収に関するネガティブな話をしてしまいましたが、たとえゲーム業界全体の年収が高くないといえど、頑張り次第で自身の年収を上げる事は可能です。
年収を上げるには現状所属している企業でのキャリアを積んでいく道と、待遇を期待出来る企業に転職する道、そしてフリーのクリエイターとして活躍する道が考えられるでしょう。
まず最初に、一つの企業に長く勤める場合はメインプログラマーとして開発に従事し、その後プロジェクトを管轄してクリエイターの人員配置から予算の管理までを手掛けるディレクター・プロデューサー職に昇給する事が挙げられます。
開発チームを動かしディレクションしていく上級職になるには、クリエイターとして何年も働き続けて、どれだけの作品に関わり売り上げに繋げたかという実績が重要になります。
結果として昇格出来れば給与も500万~700万ほどの年収を期待出来る事でしょう。ただ直接的な開発に携わる機会は当然減っていくので、モノづくりを第一とした働き方を希望する場合はミスマッチに繋がる恐れも…。



次に転職の可能性について。実のところゲーム業界での転職はそこまで珍しい話ではなく、自分のキャリアに不満があったり更なるやりがいを求めたりして別の企業に移るなんて話はよく聞かれます。中小で腕に磨きをかけて、確固たる自信を身に付けた後でビッグプロジェクトを多く手掛ける大手ゲーム系企業に挑む人は大勢いらっしゃいます。ゲーム業界では即戦力級の働きをしてくれる人を常に欲しがっているので、十分なキャリアを積んだ人が大手に入ってもすぐに活躍するなんて光景もよくあるのです。ちなみに大手と中小では同じプログラマーでも年収に200万ほどの差があります。
もちろん扱うモノがコンシューマかソーシャルゲームかでも分かれていくので、そこは自身の望みと企業研究の結果を照らし合わせましょう。



最後はフリーランス。自ら独立して企業と対等に労働条件を交渉出来る立場になるのも年収アップの道としては考えられます。ただフリーになると仕事を得るための営業活動から経理諸々の雑務まで自分でこなしていかなければなりません。それにフリーになれば誰しもが“成功”するという保障も無いので、正直中途半端な覚悟で挑むのは危険です。しかしフリーのプログラマーでも年収800~1000万を記録している人も中にはいらっしゃるので、選択肢の一つとして覚えておいても良いでしょう。



年収だけでなく、やりがいも長く働くために肝心




確かに過酷なゲーム業界で年収を気にするのは大事ですが、長く業界で生きていくつもりならば、年収以外にやりがいを感じる事を見出す必要があります。
例を出すと「他に比べて満足のいく年収を受け取っていないけど、大好きなゲームでワクワクを提供出来るから良いや」って気持ちですね。
ゲームはあくまで娯楽であり、他の産業とは違って“別に無くなっても大勢に影響の無い”ものです。しかしゲームが人の感情の機微に働きかける力は大きく、作品のコンセプトやシステム次第でプレイヤーを感動させたり、怒らせたり、あるいは笑わせる事だって出来ます。
遊びを通じて人々の心に喜怒哀楽の豊かさを提供する事が可能になるわけですから、たとえ衣食住の範疇に該当しないジャンルだとしても、精神の成長や充実感を得るという意味ではゲームは重要なファクター。
「たとえ大変な業務でも、そんな効果を擁するゲームを手掛けて遊んでくれた人を満足させたい」。そういう姿勢も長期的に働くには欠かせないのです。



上昇志向のある人は、「数々のヒット作を生み出して自分の市場価値を上げる」という考え方を持つのも良いでしょう。ゲームのみならず優れたゲームクリエイターにはファンがつくもの。担当した作品のブランド力が乏しかったとしても、自分の関わった作品だから買ってくれるという人が現れるのもゲーム業界あるあるです。
「〇〇さんが作ったゲームなら楽しいはず」「この作品はよく知らないけど、〇〇さんが作ったのならやってみたい」そう思われるクリエイターを目指す事を目標に仕事に励むのも、年収とは違うモチベーション維持に繋がりますよ。



まとめ




“クールジャパンを支える産業”としてゲームは日本経済に大きく貢献しているわけですが、そこに従事しているクリエイターが果たして本当に満足のいく金額を受け取っているかどうかは甚だ疑問です。ゲームの開発・販売は当たり外れの振り幅が大きく、現場でも裁量労働制の壁があるなど、業界の仕組み的にも年収を上げる事は簡単にはいきません。しかし、自分なりの楽しみや目的を見つけ出し、それを基に仕事を継続すれば、将来的に必ず年収向上のチャンスを掴む事が出来ますよ!

この記事をシェアする
  • Twitter
  • facebook
  • はてぶ
  • LINE
一覧ページに戻る