1. ホーム
  2. コラム
  3. やりがい搾取で満足するな! ゲームプログラマーの年収・給料は能力で変わる

コラム

やりがい搾取で満足するな! ゲームプログラマーの年収・給料は能力で変わる

ゲーム業界に憧れを抱く就活生は大勢いらっしゃいますが、ゲーム好きという気持ちだけで継続出来ないのがクリエイター職のツラいところ。大好きな分野に関われる幸せがあっても、作業の過酷さや待遇の不十分さなどの“憂き目”も同時に覚悟しなければなりません。そしてゲームプログラマーとして働く場合、年収は技術者としての能力が大きく依存するので、「いかにキャリア形成するか」が仕事継続のカギとなるでしょう。





コンシューマやソーシャルゲームで年収はバラバラ




同じ“ゲーム”を扱う企業でも当然、そこに従事するクリエイター達の年収は異なります。そしてゲーム業界はパチンコ・パチスロといった遊技機開発やPCゲーム(ブラウザゲーム)も取り扱いますが、代表的な分野に挙がるのはコンシューマとソーシャルゲーム(以下:ソシャゲ)です。
幼少期にPSシリーズやPSP、ニンテンドーDSなどを遊んできた現在の就活生が希望するゲーム開発は、この上記二つが主に該当するのではないでしょうか。



まさに“群雄割拠”なゲーム業界


一部では「衰退の道を辿っている」と囁かれるコンシューマは、親和性の高いVRで新たな遊びの幅が開拓されてきていますし圧倒的なグラフィックスと内容量で未だにゲーム業界を“牽引”。
東京ゲームショウやE3会場で大々的に取り上げられるのは毎度コンシューマですし、ソシャゲに比べて成長度や売り上げが落ち悩んでいたとしてもその影響力は健在です。
そして、スマホやタブレットの普及度や技術躍進に伴い10年余りの期間で勢力を拡大しているソシャゲも、対応するデバイスの技術向上と共にプレイの多様性も変わってきました。
ゲームジャンルや目的は様々でも、プレイ層は子供からお年寄りまでと幅広く、その結果ここ数年で数多くのソシャゲ企業も生まれましたね。
ソフト・ハード開発をメインに据えていた企業が、ソシャゲ界隈に参入するケースも非常に目立ちますし、ソシャゲの勢いはまだまだ衰える事は無いでしょう。



ゲームLOVE、ゲーム狂いが多くを占める


そんな世界に生きるゲームクリエイターというのは誰もがゲームの奥深さに魅了され、人生のほとんどの時間をゲーム開発・運営に費やす事に何の躊躇いも持たないという人がほとんど。
ゲームプレイに一喜一憂し、攻略本を読み漁ったり友達と情報を共有したりするに留まらず、実際にPCを介しゲームの開発にベクトルを向けたという人が大多数です。
就活の風景を見ていても“自分の好き・得意な分野をそのまま仕事にする”人は多いとは言えません。現実的な話をすると、多くの就活生はやりがいよりも年収や待遇に重きを置いて、興味度がそこまで高くない第二・第三希望程度の仕事に落ち着くもの。
もちろん、最初は「つまらない」と感じていても仕事を覚えていく過程で、仕事に対する好奇心や充実感を培う事が出来れば御の字といえますが。
ただ、ゲーム業界で働く人は大概がその例に当てはまらず、“趣味が仕事に繋がった”ケースが顕著。そのため全員とは言いませんが関わる誰もがゲームフリークとなるので、交流の意味も含めゲーム好きには非常に働きやすい環境になるとオススメ出来ますね。



同一業界でも得られる年収は違う




ゲームに並々ならぬこだわりを持つ、クリエイター・エンジニア気質の就活生にはうってつけの業界ですが、無理なく生活をしていくには言うまでも無く「給料・年収」を気にするべき。
仕事で得られる充足感だけでは腹は満たされませんからね。数多のゲーム好き就活生が進むであろうコンシューマ・ソシャゲでは、同じ“ゲーム”を扱う世界だとしても年収に大きな開きがあります。
とある就職支援メディアが取り上げた両者の平均年収(20代半ばの第二新卒対象)に注目してみましょう。コンシューマの場合は300万から400万となっていますが、ソシャゲですと350万から450万というデータが算出されており、約50万の差が生まれています。
これは勤める企業の規模や自身のキャリアで変わっていくものですが、コンシューマとは違いタイトルをリリースした後でも、ソシャゲでは定期的なアップデートやイベント企画でクリエイターの“手入れ”が必要になり、サービスを長く続かせる事に尽力する事になります。
そのためボーナスという形で還元されやすく、ソシャゲの方が年収は高めなのです。
また、ソシャゲはスマホやタブレットの機能に大きく影響を受けるものであり、そのためデバイスが進化していく事でソシャゲ開発もより高度化・複雑化していきます。
そのため、開発に関わる技術者(クリエイター・エンジニア)に求められる能力水準も高くなり、年収もそれに比例して上がっていくわけです。



他にもパブリッシャーとデベロッパーでも年収は違っており、全世代の平均年収で400万前後を記録しているゲームプログラマーでも、企画や販売がメインの大手パブリッシャーでは500万ほど、開発がメインの中小下請けだと300万から400万がほとんど。
もしもゲーム系企業にエントリーをするのなら、ゲーム雑誌で掲載されている“〇月ゲーム売り上げランキング”でランクインしている企業をピックアップしたり、就職口コミサイトなどのメディアで各企業の年代別平均年収を確認したりしましょう。



ゲームが好きでもやりがい搾取に陥るな




大ヒットドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』で認知度が上がった「やりがい搾取」。主にクリエイティブな働き方を基本とする業界で潜む地雷要素ですが、ゲーム業界でもこのやりがい搾取は横行しています。
たとえば大した報酬を与えるわけでもないのに、個人に課せる作業量や責任が多大だという点ですね。それだけだと誰も「頑張ろう」なんて思うはずがないのですが、ゲームクリエイターは往々にして給与よりも自己実現を掲げる節があり、どんなに過酷な作業でも「昔から好きだったゲームに関われる」と考えて“我慢”してしまうケースが目立ちます。
そのおかげで私達は多種多様なゲーム作品に没頭出来るわけですが、現場では作業の大変さに見合った労働対価を満足に受け取れていない現状にあります。



まだ大手の安定した企業群では基本給や福利厚生が充実している方ですが、中小企業やベンチャーだと企業側がやりがいをモットーに掲げて、安い報酬でクリエイターを使うことが問題として浮上しがち。もちろん中小やベンチャーでも、きちんと社員を評価して労力に見合った金額を提示するところは存在します。ただここで言いたいのは、やりがい搾取が発生しやすい環境は中小やベンチャーが特に多いという点です。
いざ契約社員という立場でゲーム業界に入ったら額面18万で残業過多。裁量労働制のために残業代は出ず、スキルアップの補助も無しという事態も散見しますね。
たとえゲームが大好きで年収やその他待遇に高望みはしないといっても、生きるにはそれなりの給料が必要不可欠です。また、どんなやりがいを持って仕事に臨むのかは企業では無くクリエイター個人が考えるものなので、無理なく長期的に働きたいのならその点を履き違えないようにしましょうね。



まとめ




今回はゲームプログラマーの年収とクリエイターが嵌りがちなやりがい搾取についてお話してきましたが、いかがだったでしょうか? ゲーム開発・販売という性質上、他の仕事とは一線を画す働き方が前提となるので、技術的にも作業量的にも厳しくなるのは避けられません。ただゲーム系企業では得られる年収がそれぞれ違ってくるので、やりがいだけでなく努力や結果に合った金額を欲するのなら、企業分析は漏れの無いようしっかり行いましょうね。

この記事をシェアする
  • Twitter
  • facebook
  • はてぶ
  • LINE
一覧ページに戻る