1. ホーム
  2. コラム
  3. 【ゲームプログラマー】年収が高いゲーム会社に就職しよう!

コラム

【ゲームプログラマー】年収が高いゲーム会社に就職しよう!

誰もが、年収が高いところに就職(転職)したいと考えます。現在さまざまな年齢層から志望者が増え続けているゲーム業界。しかし需要が増える一方、その平均年収は他業界と比べても、特別高いとは言えません。その中でも高年収を得られる企業へ就職するためにはどうすればいいのか。今回はその点についてご紹介いたします。






高年収のゲーム会社に就職するためには?




では高年収のゲーム会社への就職をするにはどうすれば良いでしょうか。まず、「高収入=大手のゲームメーカーだけ」という考え方は古いかもしれません。最近のゲーム業界の発展は目まぐるしく、ヒットするタイトルがひとつでも出れば認知度は相当なものになるため、中小企業が増えています。また、ゲーム業界というのは昔から年功序列による年収アップよりも実績などで年収アップが見込まれるという考え方が強いです。そのため中小企業でも働き方や実績を残すことで高年収を得られる可能性は十分にあります。ただし大手や中小企業に関わらず高年収と分かる企業には何かしら過去のタイトルでヒット作を出しているなどの実績があります。そのような企業では自ずと社員や制作スタッフに抱く期待というものは大きくなります。自分自身がその企業にどの分野においてどれだけ貢献できるかを面接や自己PRなどにしっかりと伝える必要があります。



ゲームプログラマーとして高年収を目指す!




高収入の会社に入ったからといって満足してはいけません。上記でもご紹介した通りゲーム業界というのは、実力による年収アップという考え方の企業が多いです。ゲームプログラマーとして働く場合でもどのようにして高収入を目指していくかが重要です。まず、ゲームにもさまざまなジャンルがあり、作るゲームジャンルによって携わるプログラマーの年収も変わってきます。例えばソーシャルゲームとコンシューマーゲーム、実はソーシャルゲームの方が平均年収が高いのです。その理由はコンシューマーゲームというのは一度販売するとゲーム内容のアップデートをあまり行いませんが、それに対しソーシャルゲームというのはさまざまなコンテンツの追加や継続的なアップデートをすることでユーザーを飽きさせないように運営していくことが可能です。大型アップデートなどが行われると長い期間に渡って利益を生み出すことができるため、その分ゲームプログラマーへのボーナスや給料がアップするという仕組みになっているのです。そのためゲームプログラマーとして高年収を目指す場合はソーシャルゲームを運営する企業を選ぶことも一つの手です。また別の方法として、プログラマーチームのリーダー的ポジションとして管理していくメインプログラマーという役職に就く手段もあります。責任感が強い立場になれれば、自ずと年収アップに繋がります。



ゲーム会社の年収ランキングを紹介




ここではゲーム会社の平均年収を元にランキング形式で5つご紹介いたします。




  • 1位:スクウェア・エニックス(約1300万円)

  • 2位:バンダイナムコホールディングス(約1000万円)

  • 3位:ソニー(約950万円)

  • 4位:任天堂(約880万円)

  • 5位:セガサミー(約850万円)



上記のようになりましたが、ゲームで遊んだことのない方でも聞いたことがあるくらい有名な企業ばかりですよね。そして年収をアップするコツとして、ひとつの企業で長い期間勤めてキャリアアップするよりも、中小企業に一度就職し知識やスキルを磨いてから大手ゲームメーカーへ転職する方法があります。実際に多くの方がとっている方法でもあります。実力での年収アップという考え方が強いからこそ、じっくりと時間をかけてスキルアップしていく必要があるのです。



まとめ




いかがだったでしょうか。ゲーム業界に携わる者すべてに必要な能力は「人一倍ゲームへの愛が強いこと」です。しかし好きということだけではやっていけないことも事実。年収についても目を向けて企業を選んでいく必要があります。現代のスマホの普及によるモバイルアプリの人気は未だ上昇傾向にあり、モバイルアプリを開発する中小企業もじっくりと調べることで自分にマッチした企業が見つかるかもしれません。今回の記事を通して、年収を踏まえた企業選びの参考にしてみてください。

この記事をシェアする
  • Twitter
  • facebook
  • はてぶ
  • LINE
一覧ページに戻る